2016年1月31日 (日)

く~~

 昨夜はしびれた。オリンピックアジア予選、サッカー決勝戦のことだ。
 韓国との戦いは、テクニックで日本が翻弄された。特に相手の7番にいいように振り回され、なすすべ無し。あれよあれよという間に先制され、その後もいつ崩れてもおかしくない状況。中盤があれだけやられれば何もできないので、中盤を厚くしろと思っていたら、ハーフタイムでFWを下げて中盤の原川を投入。さあこれでどうだと思いきや、やっぱり翻弄されて2点目を献上。無理だ、夜も遅いし、もう寝るかというところで、浅野が投入された。今日はいつもと違って矢島のボールタッチがとてもいいからもしかしたら矢島と浅野で何か起こるかもと家人と話していると、絶妙のスルーパスから浅野が決める。数分でその矢島のヘッドがさく裂し、同点。いつのまにか韓国のディフェンダーたちの足が全く動かなくなり、とどめの一撃を浅野が突き刺して勝負あり。いやこんな勝ち方もあるんだね・・・
 しかしこれまでのイランもイラクも韓国も、テクニックでは日本より上。ここという勝負所で点が取れるという奇跡的な試合をものにしてきただけのこと。アジアで相手を圧倒することなしでは、世界で通用するはずもない。何より気になったのは、試合の前半でさぼっている選手が多いことだ。日本はパスが全く繋がらない。そりゃそうだ、さぼってパスをもらいにいく動きがないのだから。そのおかげで後半に走れるって?そりゃ世界じゃ通用せんでしょう。
 オリンピックを楽しむために、是非選手の皆さん、頑張ってください。それにしても室屋選手、手を抜かない彼はいいね~

| | コメント (0)

2012年3月31日 (土)

寒くて熱かった

暴風雨でJR京葉線は早々に運休が決定。武蔵野線もいつ動くかわからない状況。おまけに動き始めてもすぐに止まって時間調整する始末。こりゃ埼スタ間に合わないと諦めていたが、ギリギリキックオフに間に合った。川崎戦はハラハラドキドキの試合だったが、後半早い時間に2人もレッドカードを突きつけられた。サポの魂に火がついて、このあとの大合唱の凄かったこと!ずぶ濡れで寒かったけど、無茶苦茶熱かった~

| | コメント (0)

2011年11月12日 (土)

フォルツァ!ガイナーレ

フォルツァガイナーレ
 負けはしたが服部を中心にまとまったいいチームだ。個人スキルを少し上げるだけで随分違うだろうに。特に29番の福井選手には将来性を感じた。なんと自分と同じ誕生日!彼には今後も頑張って欲しい。

 逆にジェフはこんな試合をしていちゃいけないだろう。

 いやはや思いの外、楽しめたぜ。

| | コメント (0)

2011年8月31日 (水)

厳しいでしょうが

 イングランドプレミアリーグでもガナーズは大好きなチームだ。ワイドに素早く展開するサッカーにワクワクしながら観ていた。だが今年は大黒柱を移籍で失い、とんでもない状況のままシーズンに入ってしまった。成績はもちろんどん底。かつてはライバル関係だったチームには同情される始末。

 一部報道では移籍候補として本田の名前が挙がっていたが、ジョークだった模様。数日前から話題になっていたのは韓国のパク・チュヨン選手が来るとのこと。それならば朗報と思っていたら、今日発表になった。これまでも韓国選手の中でこの選手は素晴らしいと思っていた彼がガナーズの一員になるなら応援しがいがある。是非頑張って欲しい。とはいえ、プレミアリーグはとても難しいリーグ。そう簡単にはいかないでしょうが、パク・チュヨンがボールを落ち着かせ、右ウォルコット、左宮市なんて布陣になったら面白いな~~

| | コメント (0)

2011年1月26日 (水)

サッカーは面白い

 いまさらながらサッカーは面白いスポーツだと感心してしまった。前半は日本が韓国をズタズタに引裂き、圧倒するサッカーをみることが出来た。10月のフレンドリーマッチでもそうだったので、それみたことかと余裕を持ってみていた。韓国が疲れていたからではないのは後半をみれば一目瞭然。しかしあろうことか、韓国がアンカーを1枚置いただけで日本は手詰まりになってしまった。韓国の監督はしてやったりとほくそ笑んだことだろう。

 前田が孤立し、前線の動きが制限されたことで中盤がもたつき始めると、あっという間に流れは韓国へ。ならば前田から動きのよいFWへスイッチし、2トップを選択すべきではと思っていたら、中盤の細貝をいれてきた。いや、中盤を厚くするのが悪いわけではないが・・・それにしても細貝のポジショニング悪すぎ・・・

 最終的にPK勝ちしたからよかったものの、最後に長谷部と交代して入った本田がやらかしたファウルは戦犯ものだ。両チームで一番フレッシュな選手があそこで振り切られてファウルってあり得ないだろうっていうのもサッカーの一部なわけで。。。

 サッカー日本代表の皆様、堪能致しました。眠う御座いますが、サッカーのためなら本望です。

| | コメント (4)

2010年10月13日 (水)

勝ちきれず

 本田選手の言うとおり、惜しいじゃダメなのだろう。しかし韓国は日本の守備を最後まで崩せなかった。パクチュヨンのヘディングシュートの場面以外、チャンスはなかった。日本は少なくとも3度決定的な場面を作り上げた。

 内田のサイドはやはり弱い。しかし松井が攻撃的に仕掛けたため相手のサイドバックの攻撃参加がほとんどなく、それ故崩されることがなかった。栗原は前回よりはマシだが、安定感も強さも感じられなかった。

 それにしても遠藤の動きの良さが目に付いた試合だった。もの凄く気持ちの入ったプレーを随所に見せてくれた。そのために香川の迷いがより鮮明に見えてしまったのも事実。香川はもっと早く見切りをつけて、他の選手を試すべきではなかったか。

| | コメント (0)

2010年10月12日 (火)

韓国戦

 昨日のユースでは、またしても韓国に完敗。2点リードをあっという間にひっくり返されてしまった。さて本日のA代表戦はどうだろうか。

 先日のアルゼンチン戦での日本代表の評価は何処を見渡しても高かった。ひやっとする場面も多々あったが、行けー!と叫ぶ場面もふんだんにあり、これまでの代表とはちょいと違うという印象をもった。

 ただ、自分たちで仕掛けて崩したのではなく、プレスによりミスを誘い、そこからのカウンターが面白かったに過ぎない。韓国戦はプレスの応酬になるだろう。ミスの多い方が負けになるのはどこのサッカーでも一緒だ。

 気になるのは栗原と内田。特に栗原の動きのバタつきには目に余るものがあった。私が韓国の立場なら、内田のサイドを重点的に攻める。そこを攻めながらセンターで栗原と競らせたら、きっと点をもぎ取ることができる。この二人の間にどれだけ今野が絡めるかが鍵だろうと思うのだ。

 もっとも、ザックは栗原の動きをよく見ていたに違いないので、今日の試合は別の選手で行く可能性が高い。槙野や伊野波を見ようとするのではなかろうか。

| | コメント (0)

2010年7月21日 (水)

初ブブセラ

 南アフリカから無事帰還した人物と昨日会った。いつも一緒にフットサルをしているMRさんの一人だ。この人物、このところ毎回ワールドカップに足を運んでいる。今回も準決勝を中心に3,4試合観てくると言い残して日本を発っていた。

 昨夜はワールドカップ後最初のフットサル。集まった人数は暑さのせいもあって、極端に少なかったが、盛り上がった。何故かって?彼が持ってきてくれたブブセラのおかげだ。

 このブブセラ普通に息を吹き込んでも音は出ない。要はトランペットやトロンボーンと同じく唇を震わせて音を出す仕組みだ。慣れると毎夜聞いていたあの音が出せるようになった。惜しいシュートシーンやイケてるプレーの時にブーっとやると、ワールドカップが目の前に蘇ってきたのだ。

 もちろん夜も更けてきた9時以降は止めましたよ。迷惑ですからね。

| | コメント (2)

2010年7月12日 (月)

終わっちゃった

 4年に一度の祭典が終わってしまった。とても楽しい1ヶ月だった。いろんなサッカーを見せてもらえたこと、選手の皆さんに感謝し、拍手を贈りたい。サッカーそのものはクラブチームの戦いの方が良いものだと言う意見もあるが、国の名誉を背負って戦う姿にはやはり感動した。またそこにその国の文化や物の考え方が見て取れて、それも極上の調味料となって私たちを魅了してくれた。

 最後の戦いも意地と意地のぶつかり合いで、見応えがあった。惜しいのは中3日でコンディションが整わないのか、それともエゴを出し過ぎた結果か、スペインのパス回しが美しくなかったこと。特に前線の二人にキレがなかったように思うが、そこをしっかり替えてきた、いやサブのメンバー選り取り見取りだったデルボスケ監督と、長友に潰され並の選手になってしまったエリアしか投入できなかったファンマルバイク監督の差だったのではなかろうか。

 それにしてもイニエスタとシャビのパフォーマンスには、スペインを応援するしないに関わらず、サッカーファン誰しもが賞賛の拍手を惜しまないだろう。身体の小さな選手でも偉大な仕事を成し遂げることが出来ることを証明して見せた二人には、更なる高みまで登り詰めて欲しいと願うばかりだ。

| | コメント (0)

2010年7月 8日 (木)

決戦は

 トーレスが外れ、ペドロの名前が挙がった時点でスペインの勝ちとみた。試合は一方的な展開。ドイツがスペインにボールを持たせていたのではなく、どうしようもなかったのだろう。

 ドイツも決定機が2回あったが・・・前半の場面、エジルはPKを貰いに行ったのだろう、あそこでシュートを選択していれば状況は変わったはずだ。

 それにしてもあの状況でなかなか決めきれないスペインも2年前のユーロの時のスペインではない。もちろんドイツの守備がよかったのもあるのだが。

 本調子前のスペイン対キレキレ・ロッペン&スナイデルのオランダ。決勝戦が本当に楽しみだ。

 (しかしオランダのデ・ヨングとファン・ボメルの今の出来ではスペインにやられっぱなしになるだろう。アンカーの位置に置ける早さのあるDFが見当たらない・・・シャビの縦パスの出し入れが頻繁に見られるはずだ)

| | コメント (2)