« 如月の風 | トップページ | 丸沼高原 »

2020年2月28日 (金)

検査至上主義

つくづく検査至上主義にあきれてしまう。日頃は研修医たちにしっかり臨床所見を把握し、必要であれば結果に対するアクションも想定しながら検査を組みなさいと教えている。おそらく多施設の指導医もそうであろうし、ほとんどの医者がそういった教育を受けてきたはずだ。しかし感染症でCRPを見なくては気が済まない医者はゴロゴロ、そしてこの時期と言えばFlu checkを発熱で来院する患者全員に施す医者のなんと多いことか。。。それを放っておいたつけなのだろう、COVID-19騒動でもその検査至上主義はいかんなく発揮されている。

100人のうち1人が感染している状態で、全身状態に係わらず、全員に感度99%、特異度99%のPCRを実施した場合(とんでもなく上手に検体を採取し、しかも間違いなく増幅処理と判定の出来る凄腕の技師が実施する検査!)、それでも陽性的中率は50%に過ぎない。つまり検査で陽性とされた人で本当に罹患しているのは半数で、残りの人は濡れ衣ということなのだ。実際には感度は60%が関の山、特異度ももう少し落ちるだろう。さすればその検査になんの意味があるのだろう・・・

しかもCOVID-19は病初期と肺炎期では明らかに病状・病勢が異なり、早期発見・早期治療が施せるものではない。少なくとも我が国においては感染しても死に至る可能性は非常に低い!じっくりと見極めて対処することが出来るはずだ。そのためには対処できる医療機関に余力・体力が必要だ。それが出来なかったから、武漢では医療者が次々と倒れ、助けられる命も天に召されてしまったのだろう。その二の舞は避けなければならない。これが今求められることであって、国民の行き場のない未知なるものへの不安感を払拭するのが先ではない。しっかり対処出来ていることを示すことが不安の払拭となる!是非マスコミの皆さんには罹患者や死亡者の数を数えるより、重傷者がいかに回復しているかを伝えて欲しい。だいいち、罹患者の数を数えたところで、上記の通り症状がなければ本当の感染者か否かもわからないのだ。

もちろん自らに不安が何もないかと問われればそんなことはない。実際にこの手で診断した患者はおらず、入ってくる情報は不安を煽るものばかり。ならば先述の事柄は机上の空論かと言う人がいるだろう。否、空論ではなくこれが検査というものなのだ。慌てず、日々ユーモアを忘れず、きっちりと仕事を全うすることを肝に銘ずることにしよう。

 

 

|

« 如月の風 | トップページ | 丸沼高原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 如月の風 | トップページ | 丸沼高原 »