« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月25日 (月)

初マラソン完走!

 昨日この年になって初めてマラソンに挑戦した。これまでトレーニングとして週3回は走ってきた。10~20kmならいつでも走れる状態にはなってきていた。ただ今年に入って風邪から喘息へ移行し、約1か月近く苦しむことになったのは大誤算だったが。
 挑戦するなら地元がいいだろうと、春の佐倉朝日健康マラソンを選んだ。直前まで喘息の調子は改善せず、薬を大量服用、吸入までする状態で棄権を考えていたが、前日夜にようやく普段の呼吸に戻ったこともあり、挑戦することを選択した。天気は晴れ。湿度も気温も丁度良いが寒気が入って朝は冷え、風も強いという予報だった。服装はとても迷ったが、寒さで走れなくなれば喘息もやばいと考え、暖かい服装を選んだ。これが功を奏し、寒さでリタイヤする選手が続出したと後で知ったが、自分は汗もほどほどで、これによるつらさは感じなかった。
 マラソンは30kmからということだったが、のっけから自分のペースとはいかないものだった。なにより号砲が鳴ってからスタートラインに辿り着くまでで約10分。その後も狭い坂道を上り下りするのに大勢のランナーがひしめき合い、思った以上にスローペース。その後もキロ5分半から6分で走るつもりが6-7分ペースで推移。時間が掛かる分エネルギーの消費も多かった。ただゆっくりなので呼吸は全く問題なく過ごせたのは大きかった。
 20kmまでは快適に走った。しかし21kmから突如足が重くなり、しかも強力な向かい風となったこともあり全く進めない状況に陥った。冷静に身体の大きな選手の後ろについてなんとか粘った結果、24kmから再び加速できるようになった。家族の待つ30km付近では余裕の笑顔を見せることも出来た。31km、再び足が動かなくなった。今度は走ることも出来ない。しばらく歩きながら自分の身体と相談し、33kmで足を前へ運び出すことに成功すると、38kmまでは遅いペースながら良い呼吸とよい歩幅で走ることが出来た。しかし39kmの給水手前で口渇を自覚、歩いてようやく水を口にして少し走り、最後の坂道を上りきってゴールした。
 結局目標としていた完走は果たせたものの、市民ランナーの目標である4時間など遠く及ばず、5時間9分という記録であったが、これほどの時間常に自分と対話することになるとは想像していなかった。走る意味、生きている意味、人生とは何か、苦しいということ辛いと言うこと楽しいと言うことそれぞれにはどんな意味があるのかなど、ずっと自問自答していたことに心底驚いた。こんな経験は初めてである。マラソンとは自らとの対話のスポーツであることを知った。こりゃ凄い競技だ~~~

続きを読む "初マラソン完走!"

| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »