« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月12日 (火)

感涙

 突然だが、北原白秋作詞・多田武彦作曲の組曲『雪と花火』という男声合唱曲が好きだ。この曲と出会ってから、いつか本物の男声合唱団員として歌いたいとずっと思っていた。
 学生時代から仕事を始めて10年までの間は市民合唱団の一つである男声合唱団に在籍していた。そこは全国大会にも出たことのある実力のある合唱団だった。しかし自分はヒラの団員で、演奏会のプログラムを組む中核ではなかったため、歌いたいと声に出しても叶うことはなかった。内容が内容だけに難しかったのかもしれないが・・・
 この組曲は北原白秋の不倫を歌った曲集だ。恋い焦がれ、不義を世間に問われ、責め苦の果てに肺病を患った彼女と流離ったロマンスを形を変えて歌った叙情詩だ。
花火が上がる~~~ どん~ 銀と緑の孔雀玉 パッと垂れて散りかかる・・・
薄い光と潮風に
義理と情けの孔雀玉 涙しとしと散りかかる
涙しとしと爪弾きの 歌の心に散りかかる
 それから20年、私はもうこの曲を自ら歌うことも感じることも出来ないのだと思っていた。しかし昨日、それが叶った。
 長男があの由緒ある同志社グリークラブに自らの意思で入団し、幹事長となり、トップテノールのソリストにまで登り詰めた。そして彼はなんと、この雪と花火を自分の代の最後の定期演奏会で演奏してくれたのだ。
若い心の孔雀玉
ええなんとしょ~~消えかかる・・・消えかかる・・・
 最後の和音がたなびき、消えかかってゆく。胸の奥から熱いものが吹き出し、頬を伝ってゆく。
 ありがとう。ありがとう。Bravo!
 
<追記>なんとこの『雪と花火』は同志社グリークラブの委嘱作品とのこと。縁を感じずにはいられない・・・
 

| | コメント (0)

2019年2月 6日 (水)

科学は万能ではないが

 昨年日本はIWCを脱退し、南氷洋での捕鯨調査を諦め、日本近海に限っての商業捕鯨に踏み切った。IWCでは調査捕鯨の結果、鯨は十分資源として復活しており、商業捕鯨も可能という状態になったことが判明しているにもかかわらず、捕鯨は動物愛護の観点から認められないという事態になっているからだ。
 とても理にかなった判断と評価されるべき脱退だ。なにも他国を敵にするほど捕鯨に重きを置く必要もないという人達がいるが、そもそもIWCで何を行おうとしていたかというと、鯨の資源管理を行い、世界の捕鯨を滞りなく進めるためで、動物愛護の話し合いではなかったはずだ。捕鯨国は北半球を中心に広がっている。伝統文化であると同時に、必要な漁であることも間違いない。科学をもって地球資源の有効利用を考える場が、文化的嗜好に左右されることほど無駄なことはない。異を唱えることは当然だろう。
 さてそれほど賢明な判断ができる日本だが、ことインフルエンザ対策というものについてはまるで科学的でない状況が続いている。科学の一端を担う医者がメディアを通して語りかけるのは、決まって早めに医療機関へ受診を促すことばかりだが、本当にそれでよいのだろうか。
 抗インフルエンザ剤を使えば早く良くなる?インフルエンザの診断を迅速検査をもって正しくしなくてはならない?隔離して治癒まで何日と決めつけることができる?学級閉鎖はすべてに優先されるほど有効?
 抗インフルエンザ剤がこの世に登場して約20年経過した。病院はこの時期ごった返すほどの大盛況で、我先にとこぞって鼻に棒を突っ込まれ、Aが陽性だ、Bではなかったなどと言っては抗インフルエンザ剤をいち早く服用しようとしている。にもかかわらず、日本国中で2000万人前後の国民が毎年変わらずインフルエンザに罹患する。インフルエンザで亡くなる老人は数百人にのぼり、インフルエンザ脳症を引き起こす子供たちも毎年数十人いる。何か変わったか?何か変えられただろうか??
 統計問題で揺れに揺れている厚労省は、インフルエンザの流行についてデータをもっている。きちんと統計処理してみるときっと判ると思うが・・・・
 おそらく今我々が行っているインフルエンザ対策は間違っているのだろう。そう思わないか?抗インフルエンザ剤をよくよく勉強してみれば、なるほどとてもよい薬だろうと思う。しかし生身の人間に使ってみても感染症状を大きく変える力はない。それは感染が成立した後の生体反応が一筋縄ではいかないからに他ならない。もういい加減多くの年月を費やしたのだから、本当にどうするべきかをしっかりと検証するべきだろう。それが国としての責任だと思うのだ。

| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »