« 研究会参加 | トップページ | ロングライド »

2018年7月18日 (水)

西日本豪雨

 とんでもなく広範囲に、それこそ半端ない豪雨が長時間降り続き、何千という土砂崩れを引き起こし、人と家屋と生活のすべてを押し倒し飲み込んでいった。200名を超える命が失われ、なお行方不明も多数ということ、ご冥福をお祈りするばかりだ。そして被災された方にはどうか早く元の生活に戻れることを祈らずにはいられない。
 それにしても激しすぎる自然の猛威だ。これからもこういった自然災害はおそらく日本国中を襲うのだろう。何を優先すべきか、しっかり検証しなくてはならない。専門家の判断を待ちたいところだ。復旧も速やかにと願うばかりだが、豪雨の後のこの激しい暑さは弱り目に祟り目だ。熱中症でバタバタと倒れてしまわない方がおかしいくらいだ。
 豪雨被害とは違うが、小学生が課外授業を数時間受けているうちに熱射病で倒れ、亡くなったと報道された。ご冥福をお祈りするばかりではあるが、どうも腑に落ちないところもある。さすがに小学生ともなると、かなり環境への耐性もあるはずだが、これだけの短時間で命の問題になりえるだろうか?報道によると授業の早期に疲れを自覚していたとのこと。先に何らかの問題、例えばウイルス感染などがあったのではなかろうか。最終的に医療機関で検査して、多臓器不全という状況だったのだろうと推測するが、そこからでは判らない。血液など検体を採取し、ウイルス分離を施すか、剖検をするなど原因究明をお願いしたいところだ。もちろんご家族のお気持ちは察するにあまりあるが、今後学校の運営のみならず、子供たちの夏の過ごし方にどう対処すべきかの指針を得るためにも必要なことのように思う。
 この暑い夏は、今年限りのことではない。この激しい自然と向き合い、生きていくためにどうするべきか、今一度皆で協議すべき時が来ている。

|

« 研究会参加 | トップページ | ロングライド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 研究会参加 | トップページ | ロングライド »