« CPCの作法 | トップページ | 旅立ち »

2018年1月28日 (日)

インフルエンザの対応

毎年日本では1千万人以上の方が罹患し、相当数のお年寄りと数十人の子供が命を落としている。対策として早期診断と抗Flu剤の使用を呼びかけ、おまけに出席停止期間も長くなった。学校保健法の改正から10年以上、タミフルなど抗Flu剤の保険適応から10年以上経過したわけだが、上記の数はどうなっているか皆さんは知っているだろうか?

 答えは、年によって変動はあるものの1990年代からほぼ横ばいだ。
 確かに2009年の新型インフルエンザ流行時、世界で最も少ない死亡率を誇ったのは日本である。しかし、それならばこそ、何故罹患者数も死亡者数も減らないのだろうか。お年寄りの割合が増えたから?いやいや子供の世界を見ても、罹患者数は少子化の影響以上には減っていないぞ。。。ちなみに巷では色々言われたワクチンだが、肺炎球菌とインフルエンザ桿菌に対するワクチンを開始してから髄膜炎は激減し、市中病院ではほぼ見かけなくなった。それに比べて・・・と思うわけなのだ。
 どうだろう、インフルエンザの対応を本気で見直すべき時ではないだろうか。しっかりとした統計も厚労省が記録している訳だから、やる気さえあればできるだろうに。要らないことは要らないとはっきりさせるべき時だと思うのだが・・・

|

« CPCの作法 | トップページ | 旅立ち »

コメント

先生ご無沙汰しております。
ワタクシ、先日人生で初めてインフルエンザ(B)に罹患致しました。案の定、私から王子へ感染し2週間ほどの家庭内別居生活をしました(苦笑)。
幸い相方には感染せずに済みましたが、職場・王子の学校共に昨年以上の感染力を実感しています。

そこで思ったこと。
幼稚園・保育園・学校などの感染しやすい環境下での「予防策の指導強化の必要性」です。

もちろん私の職場では、インフルエンザ予防接種を職員全員が接種したのち、ICTよりマスク装着必須のお達しが出ます。
学校などの場でも、予防接種の有無を把握し且つマスク装着・休み時間ごとの換気・手洗いうがいの励行を行うべきではないかと・・・・。

他校がどのようになっているかわからないので、王子の学校の様子から思ったことですが・・・・・
マスク装着は担任の判断で行われ、感染者が出始めたころから「手洗いうがい、マスク装着」のおススメ的なお便りのみで、王子に聞くと換気もしない、手洗いうがいは児童本人任せとのこと。
小学校低学年の子供では到底無理な話です。

何なら国レベルでインフルエンザワクチン予防接種を、学校で実施にしてほしいくらいです。
付け加えるならば「予防接種をすればインフルエンザにかからない」という誤った知識を正すこと。

長くなりましたが、先生がおっしゃる通り厚労省での様々な点からの見直しに「予防」という知識のインフォメーションも加えてもらいたいと思います。

それにしても、インフルエンザにかかって相当つらかったワタクシ・・・3日間寝込んで、筋力ダダ落ちでしたcoldsweats01

投稿: ゆき | 2018年2月25日 (日) 17時02分

ゆきさん

 実は私が思っているのは、逆の事でして・・・これだけ感染力が強いウイルスに対し、公衆衛生上出来ることは限られているんですよ。徹底できる病院ですら、感染を完全には防御出来ないわけですから。
 ならば発想を変えるべきなんだと思います。学級閉鎖や登校制限、抗Flu剤投与等全部見直しが必要です。海外のように何もせずただゆっくり自宅で休養できる社会にする方が良いのかもしれません。

投稿: クーデルムーデル | 2018年3月 9日 (金) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CPCの作法 | トップページ | 旅立ち »