« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月15日 (水)

エコー野郎

エコー検査は私にとってなくてはならない相棒である。聴診器の次に、いや自分にとってはそれと同等に必要な医療器具だ。残念ながら医学生や研修医時代に基礎から教えてもらえる機会はなかった。医者になってすぐに使わなくてはいけない場面が来ても、指をくわえて上級医の登場を待つほかなかった。描出される画像をぼんやり見ながら、これが使えたらと本気で思い、研修医時代に上級医を捕まえて教えを請うたが、忙しいと断られていた。そのためhow to本を片手に、見よう見まねでなんとか触れることだけは出来るようになった。

 後期研修医時代には大学で密かに行われていた心臓のエコーの勉強会に毎回出席した。分厚い心エコーの教科書を輪読し、テーマを決めて技師さんに描出の仕方を習う会は本当に勉強になった。でも本物の患者さんを目の前にして、類推してゆく作業はまた別物だった。それを教えてくれたのが清瀬小児病院の技師さんだった。
 ドナルドダックの前掛けをした柔和な男性は、魔法のように病変を露わにし、的確に何が問題かを臨床医に返答していた。その腕に魅せられ、時間の許す限り、彼のところへ通った。腎臓内科の研修中であったが、外科の疾患も含め数多くの症例を一緒に学ばせてもらった。
 その後清瀬小児病院を離れ、今のところに落ち着いてからは音信不通になっていた。しかし昨年Facebookで再会し、先週の小児超音波研究会で十数年ぶりに顔をあわせることが出来た。相変わらずの柔和な笑顔に思わず抱擁してしまった。研究会の主要メンバーとなっている彼は忙しそうで、ゆっくりと話をすることは叶わなかったが、彼が育てている技師さんたちの発表を聞くと、様々な挑戦を行っていることが伝わってきた。
 師匠、やはりあなたはすごい人です。私もエコーの可能性を考え、どんどんチャレンジしてみます。これからもご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願い致します。

| | コメント (0)

2017年11月 8日 (水)

ダフ屋行為は犯罪だよ

 アジアチャンピオンズリーグ決勝戦が日本で開催される。我が浦和レッズが勝ち上がったからだが、ホームゲームのチケットが販売された。元々レッズサポが加入しているレックスクラブという組織があるのだが、会員ならば優先販売があるとのこと。それならば比較的簡単にチケットも手に入るだろうと考えていた。
 しかし予定日時にネットアクセスするも全くつながらない。I時間トライし続けても全くつながらない。諦めかけた1時間20分後にようやくつながり、自由席のチケットを手に入れた。まあ取れたので良かったと思っていたら、レックスクラブからメールが届いた。大量に購入してネットで高額チケットとして売っている奴がいるとのこと。なんだって??サポでそんなたちの悪い奴がいるのか!!
 ネットで調べてみると、ダフ屋行為は犯罪だが、ネットオークションなら今のところ取り締まる法律がないとのこと。いや~そんなの関係ないでしょ。行きたくて買ったけど、どうしても他の用事が出来てしまってというなら話はわかるが、そりゃ犯罪だぜ。探し出して袋叩きにするのかよろしい!レックスクラブ会員にならないと先行販売にたどり着けないから、探し出すのは容易だろう。
 それにしても姪っ子の出場した全国合唱コンクール高校生の部もチケット販売日に即高額ネット転売が繰り広げられたと聞く。酷い話が身近にあるものだ・・・

| | コメント (0)

2017年11月 5日 (日)

貴船神社

長男が週末暇だよというので、淡路島での診療を終えた後合流した。同志社グリークラブに所属する長男は、毎週末練習だけでなく、全国どこでも声がかかれば演奏に出かけるという生活をしており、私以上に暇なく暮らしている。先日はNHKの歌コンとう番組で某歌手のバックコーラスの一員として歌っていた。なんとも面白い学生生活ではないか。そんなこんなの裏話も聞けるので、丁度ゆっくりと話せる時間が欲しかったところ。週末を待ち望んでいた。

 土曜日は講義があるとのことで、その時間は一人散策を楽しんだ。御所から鴨川へ抜け、大好きな下鴨神社へ参拝し、長男の住処へ戻ると丁度授業を終えた長男が帰ってきた。いつも食べられないものが食べたいというので、駅の近くの小料理屋へ。本格的京料理ではないが、おばんさいも付いた和食を楽しんだ。その後は叡山鉄道に乗り、貴船神社を目指した。紅葉はまだ始まりというところだが、比叡山を回り込み、北山へと登る鉄道はもみじのトンネルと称される路線図に記名される場所を通って行く。なるほど紅葉が車窓いっぱいに広がる名所だ。最盛期は本当にすごいことだろうと、長男といろんな話をしながらゆっくりと登って行くのは気分が良い。貴船に着くと、その後は神社まで30分ほどの山道をゆっくり歩いて登った。時折晴れ間から天泣が落ちてきたが、それも紅葉を引き立ててくれる雨、気持ち良いまま過ごせた。
 貴船神社参拝を済ませ、水占いという紙を手にした。御神水の流れ落ちる小滝の下に低い手水舎のような水たまりが設けられ、その神の水に紙を浸せば、神の啓示が現れるというおみくじ。ゆっくりと浮かび上がる文字を読み、精進あるのみと心に刻んだ。息子はなかなか文字が浮かんで来ず、とてもヤキモキした分、更に神妙に頭を垂れていた。
 帰り道の紅葉が日を浴びてきらめく姿を見ると、本当に来てよかったと、息子と来てよかったと思えた。
Photo

| | コメント (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »