« 淡路島 | トップページ | 線維筋痛症学会 »

2017年10月10日 (火)

岩井海岸

 連休最後は岩井海岸へ出掛けた。この浜を中心に館山へ漕いだり、浮島を廻ったりしているのだが、今回は初めてカヤックフィッシングをやってみることにした。
 浜からの餌釣りは子供の頃からやっているが、ルアーは初めて。これまでちょくちょく面白そうなルアーを安物ばかりだけれど購入していたが、それを試してみる良い機会だ。沖は少し海面がざわついていたが、波打ち際はとても穏やかで風も感じない。道具を積んでゆっくり漕ぎ出した。
 いつもの洞窟を眺め、岩礁地帯へ辿り着いた。そこで釣り竿を取り出し、ルアーを装着した。そして初キャスティングは思った通りのところへ。しかし何度か投げるうちに根掛かりしてしまった。ルアーを変えようとしたところで、正面からボートがやってきた。
「こんにちは、どうですか、何か釣れましたか?」
「ええ、甲イカとカサゴとカワハギがなんとか。」
「そりゃすごい、私初めてなんですが、じゃあ頑張ってみます。」
とイカなど釣れていることが判明。ルアーは水面をユラユラ進むものに変えてみることに。
 するとピクピクンっとアタリが来た。しかし合わせられない。その辺りからなんだか風が出てきた。海面がざわついてくる。岩礁地帯を避け、砂地の深いところへ移動する。移動はとても簡単!そこがカヤックの強みだ。長い距離のキャスティングをするとまたアタリが!!うん乗ったと思ったところで魚が跳ねた。キラキラ光る魚体をくねらせルアーから離れてゆく魚を見つめるほか無かった。ああ悔しい。しかしこのままのめり込んでいるとこの風がどう変化するか判らない。ここは我慢だと言い聞かせ、浜へ戻った。
 初めてのカヤックフィッシングはほろ苦いものに終わったが、久々に釣りのアタリを体感し、これは研究してみる価値ありと感じた。
Line_1507511177584452

|

« 淡路島 | トップページ | 線維筋痛症学会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 淡路島 | トップページ | 線維筋痛症学会 »