« 求人 (千葉 小児科) | トップページ

2017年7月15日 (土)

一元論では難しい

小学校一年生で初めて受けた検尿。ここで蛋白尿を指摘され、大学で腎機能障害があるとわかり当院へ紹介された男児。血圧が6歳なのに180/120もある!しかもBUN53、Cr1.5ってこの年齢なら腎不全じゃないか?それにも関わらず無茶苦茶元気で、走っても疲れそうにない・・・まあこういう場合ならネフロン癆(nephronophthisis)で貧血あって、代謝性アシデミアでもうカリウムも高いかしらん・・・ん?貧血なし、代謝性アルカローシスでカリウム3.0?低??何その腎不全???

 そこからスタートした謎の腎不全だが、多飲多尿が昔からあって今も3Lほどいつも摂取して2.5Lの排尿がある。TTKG測ると優に8を超える。こりゃアルドステロンが悪さしているぞと思いながらレニン・アンギオテンシン・アルドステロンの検索に取り掛かった。これらの検査データ報告は遅い。その間に画像診断をしておくべきと各種取り掛かった。腎動脈狭窄はない、右副腎に比べ左副腎は大きいな・・・とすると原発性アルドステロン症か?しかしそれだけでこの年齢に腎不全まで持って行かれる高血圧の持続があるとは思えない。ならば腎不全は別の原因か?
 もしこれが原発性アルドステロン症だけで引き起こされた腎不全なら年齢的に世界初症例だ。しかしそんなこと起こりえるだろうか?高血圧が6年続くと腎機能障害を引き起こすと病理学の教科書には書かれているが、それにしてもこれほどの状態(eGFR30未満)は例がない。とすると二つのことが起こっているのか・・・さて。

|

« 求人 (千葉 小児科) | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 求人 (千葉 小児科) | トップページ