« 握手 | トップページ | 良い季節 »

2017年4月11日 (火)

試乗会

 カヤックが欲しい。海を行くためのカヤックが欲しい。安全でゆっくり漕ぐものではなく、島を巡ることの出来るカヤックが欲しい。そう願ってパンフレットや雑誌を眺め続けること3年。ファルトならバタフライの460かフジタの450、リジットなら分割式しか無理だなと思いながら悶々としていた。試乗会にも参加するものの、多くは初心者向けか釣り目的のカヤックしか試乗できず、お目当てのシーカヤックは全く乗る機会なく過ぎていた。
 いつものように人様のカヤックブログを覗いていると、大阪のカヤックこうのとりさんが、甲子園浜で試乗会、それもシーカヤックの試乗会をするという案内を出していたことに気付いた。日時は予定を変更すれば可能なところ、しかし天気予報は風雨。雨はまだしも、風はカヤックにとって大敵、悩むところだが運を天に任せ、その日を待った。
 深夜の風は朝には止み、雨雲も遠くに消えてゆく。やった、カヤック日和だ。急いで支度をして甲子園浜へ。鳴尾浜との間の海にはウインドサーフィンの帆が行き来していたが、砂浜には色とりどりのシーカヤックが既に並んでいた。
 受付を済ませてカヤックに近寄ると、どれでもどんどん乗って下さいと声が掛かった。よし、すべて乗ってやると15艇ほどもあるカヤックに次々と挑戦した。面白いことに乗り味がまるで違う。直進は早いのに妙に回転時にバタバタするもの、クルクル回り過ぎるもの、安定しすぎて曲がりにくいもの、身体に合うかどうかということなのだろう、自分にはthunderbirdというカヤックがピッタリフィットした。思いのままに操れる、これならと思えるカヤックだった。一方ファルトだが、直進の早さには驚いた。しかしリーンを掛けて曲がろうとすると波でばたつきが強く、とても気になった。置き場所と車以外での移動をもう少し吟味するしかない・・・
 カヤックだけでなくパドルも試させてもらえた。気になっていたナローパドルを初めて手にした。慣れないと難しいから、沖へは出ないでと注意されたが、結構スイスイと進む。しかしターンをしようとすると左側のパドルが海に良い角度で入らず、ばたついてしまった。いくら強く握っても無理。これは話にならないとナローパドルは諦めた。
 2時間半次々と試乗し、最後はthunderbirdに再挑戦した。やはり素晴らしいカヤックであることを確認し、インストラクターの皆さんにお礼を言って甲子園浜を後にした。インストラクターの方々は皆さん、関西の人達で、関西なら2時間ほどで瀬戸内でも和歌山や徳島の外海でも日本海でも行けてしまうよとカヤック事情を聴くことも出来た。なんともうらやましい話だ。
 試乗したからといってすぐカヤック購入となるわけではない。これをよく噛み砕いて、自分の中に期するものが高まったとき、動くことになる。それにしても30万円はくだらない代物。今は無理だな~~~
Dsc_0491

|

« 握手 | トップページ | 良い季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 握手 | トップページ | 良い季節 »