« 今年最後の紅葉狩り | トップページ | 紅葉狩り再び »

2016年12月 5日 (月)

同グリ定演

 週末は再び京都へ。息子の所属する大学の定期演奏会を聴くためだ。
 難しい曲がプログラムに並んでいる。この難曲たちを平然と歌ってのけるのだから、それだけでも凄いこと。自分の学生時代には考えられないことだ。彼らは2月と置かず演奏会を続けており、全く違う曲目を演奏してしまうのだから恐れ入る。
 なんと作曲家の新実先生まで来場しており、拍手で迎えられていた。素晴らしい合唱団で歌うことの出来る意味を存分に味わって欲しいな~
 アンコールで歌ってくれた新実先生の組曲やさしい魚から「鳥が」を聴くと昔を思い出した。実力は段違いでも一生懸命歌っていた日々を懐かしく思い出したのだ。そして最後の「花は咲く」で涙があふれ、思わずブラボーと叫んでいた。息子たちの演奏で感動するっていいもんですよ。
2016

|

« 今年最後の紅葉狩り | トップページ | 紅葉狩り再び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年最後の紅葉狩り | トップページ | 紅葉狩り再び »