« 熊本頑張れ | トップページ | よく考えてみよう »

2016年6月 1日 (水)

天体ショー

 火星が普段の3倍大きく見られるというので外へ出てみた。異様にでかい赤い星が瞬いている。こりゃ大変だ、望遠鏡で見なきゃ!とベランダへ移動し鏡筒を向けた。見たことのない大きさで火星がファインダーに映る。黒い模様がくっきりと浮かび上がっている。美しい・・・
 火星を眺めうっとりしていると、息子たちがあの凄い光は何?と騒ぐ。そちらへ鏡筒を向けると、今度は衛星たちを伴った巨大な縞模様を身に纏った木星が映し出された。いやこりゃ迫力はこっちの方が凄い!皆で見とれていると、今度は火星の近くで瞬く青い光を指差す。あれは何だろう?
 末っ子に望遠鏡を任せると、鏡筒を苦労しながらその星へ向けた。何だか楕円形の光が見えるよと言う。交代してファインダーの調節を行うと美しい輪を伴った土星が漂っていた。やっぱりこの美しさに敵うものはいない。いくら見ても見飽きないな~
 ふと顔を上げると、サソリの心臓が土星のすぐ傍で拍動していた。梅雨に入る前の少し肌寒い夜に、1時間以上もベランダで楽しい時間を過ごすことになろうとは思わなかった。
 

|

« 熊本頑張れ | トップページ | よく考えてみよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熊本頑張れ | トップページ | よく考えてみよう »