« 亀山湖 | トップページ | 再発の嵐 »

2015年12月11日 (金)

気分も新たに

 随分前のブログに研修医を迎える心地よさを書いた。その後も数は少ないが、教える機会がある。この年になると次の世代へのバトンタッチも考えなくてはならないので、やはり気持ちが高揚する。そうするうちに院長から呼び出しをくらった。はて・・・何かしでかしたっけ??

 院長室に入るやいなや、「何か私がまたやらかしましたでしょうか。」と笑顔で切り出した。すると院長はニコニコしながら「いやいや、そんなんじゃなくて、先生にお願いしたいことがあるんですよ。」とのこと。
 うちの病院で研修医を募集して、なんとか数人来てくれるようになった。昨年から随分やる気のある人が来てくれる様になったが、研修を支えられる環境が出来ていない。研修センターも作ったけれど、うまく稼働していないし、ほとんど各科に任せているだけになっている。研修医に尋ねてみても、見て覚えろと言わんばかりの対応しかない科もある様子。しっかり面倒を見てくれた医者はと問うと、先生の名前を答えてくる。忙しいのは重々承知だけれど、研修センターの長になって、研修医の面倒を見てくれないか。
 千葉大や筑波大から多くの医者が来ているこの病院で、私のような外様が研修医の面倒を見るという是非はさておき、これまでの研修医が自分の名前を出してくれたことがうれしくて、役を引き受けることにした。しかし自分に何が出来るだろう。自分独りに出来ることなどたかが知れている。それならば、様々なコメディカルの力を借りて、一人前の医者になる手助けをするのが手っ取り早いだろう。そう考えて、様々な手法を考案中である。
 さてどうなりますか。自分の人生の中で、新たなるステージに入ったのではと予感させるこの頃であることは間違いない。

|

« 亀山湖 | トップページ | 再発の嵐 »

コメント


それはとても嬉しいお話ですね。
是非、第2・第3のクーデルムーデル先生を育ててください!

ちなみに研修センターとはどういうものですか?

投稿: ゆきんこ | 2015年12月16日 (水) 10時27分

ゆきんこさん

 研修センターって知りたいでしょう?私も知りたいんで、事務に尋ねてみました。別に箱も何もなく、担当者が様々な部署から割り当てられ、一つの目標である研修医を育てることに尽力する組織を研修センターと言うらしいです。早い話が研修医相談係なんですが、偉そうな名前が付いているだけと理解しています。

 ただお墨付きをもらったならば、口出しが出来る訳で、楽しめるな~と考えているところなんです。

投稿: クーデルムーデル | 2015年12月16日 (水) 18時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 亀山湖 | トップページ | 再発の嵐 »