« 初ソラマチ | トップページ | 秋の空 »

2015年10月13日 (火)

日川

 昨日は次男の練習試合を観戦するため甲府へ。雪を戴いた富士を眺めながら、早朝の甲斐路を車で移動した。山梨学院大のラグビー場からは南アルプスの山々も臨むことができた。なんて素晴らしいところなのだろう。

 日川高校は花園の常連で、しかも上位に食い込む実力高だ。残念ながら都内でも2番手である高校が果たして通用するのか?興味津々で甲府まで来たが、やはり練習から日川はバチバチと凄い音を立て、相手を吹っ飛ばしながら練習を重ねていた。こりゃどうなる・・・
 キックオフと同時に怒濤の攻めを浴び、立て続けにトライを挙げられた。次男も二年生ながら先発で出ているがこれといった仕事も出来ず、タックルミスも2回しでかしていた。う~~ん。
 しかし10分を過ぎたころからフォワードが主導権を握り始めた。すると相手のバックスへの展開も徐々にほころびが出始めた。モールでこちらがトライを挙げた後は、むしろ一方的な展開に。次男のタックルもしっかり決まり、1トライを挙げて意気揚々と自陣に戻って行く。
 結局しっかり勝ちきりノーサイド。その後の対応は両校共にとても清々しく、日川高校もとてもしっかりとした教育がなされていると感じることが出来た。2年生主体のBチーム、Cチームの試合が続いて行われたが、ラグビーの成熟度というか、成長の軌跡を辿ることのできる面白い試合であった。
 帰りは蕎麦屋で新蕎麦と鶏のモツ煮を食べて、渋滞の中ゆっくりと佐倉へ戻った。夜中にラグビーワールドカップを見ていた私は、着くやいなや爆睡となったのは言うまでもない。

|

« 初ソラマチ | トップページ | 秋の空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初ソラマチ | トップページ | 秋の空 »