« 素晴らしい | トップページ | 淡路島で診療 »

2014年10月 9日 (木)

大学教育

 3人の日本人がノーベル物理学賞を受賞したとの報に湧いたこの数日。日本の教育制度に感謝する先生がいる一方で、学校教育はおろか育ててもらった企業にもつれない言葉を向ける先生もいた。後者の先生に何があったのかは知らないので、これ以上の言及は出来ないが、余程のことがあったのだろうと思うばかりである。

 それにしても右へ倣えの国で、よくもまあこれだけのノーベル賞学者が出るものだ。もっとも受賞者の方々は皆、既成概念にとらわれることなく我が道を邁進した人達なのではあるが。おそらくこれから教育改革としてさらに高等教育や大学教育に規制が掛かるのだろうが、そんなことを乗り越えるくらい、屁みたいなものなのだろう。

 きっと制限が加われば加わるほど飛び出すエネルギーは強く大きくなり、これからも凄い人達がたくさん出てくるだろうと期待している。自分がそうなれなかったことへの落胆は勿論あるが、小者は小者として精一杯人の役に立つことをしていく他ない。

 ということで、日本はこれからどんどん慎ましやかな生活をしなくてはならない国になるだろうが、地に足を付け、生きてゆくことが肝要だ。

一つ、至誠に悖る なかりしか

一つ、言行に恥づる なかりしか

一つ、気力に欠くる なかりしか

一つ、努力に憾み なかりしか

一つ、不精に亘る なかりしか

 よし、明日も頑張ろう!

 

|

« 素晴らしい | トップページ | 淡路島で診療 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 素晴らしい | トップページ | 淡路島で診療 »