« 宇宙博 | トップページ | 正しくビビろう その1 »

2014年9月 1日 (月)

学校へ

 夏休みが終わった。数日違いで新学期がスタートした学校もあるようだが、今日はどの学校も生徒を受け入れている。外来で尋ねる限り、ほとんどの子供達が宿題をちゃんと終わらせて、新学期を迎えたようだ。ただ数年前より明らかに宿題の量が増えている。ゆとり世代とは違うなと感じる量だ。

 真っ黒に日焼けして学校へ勇んでゆく子を見るのは微笑ましくっていい。しかし反対に病院には真っ白や真っ青な子供がやってくる。学校へ行けない子供達の半数以上はそんな顔色の子供達だ。風邪や胃腸炎なら数日で治る。しかし心や身体のバランスを崩した子供達は難しい。なんとかしてあげたいが、急に元気になって学校へ行けるような薬も魔法もない。気持ちを聞いてあげることくらいしかできないが、それが手助けになることもあると信じている。
 残念ながら私は児童精神の専門家ではない。しかし心や身体のバランスを崩した子供達は随分増えてきていて、行き場がないのが実状で、そのため相談に乗ることもしばしばある。多くは自分の力で生きる道を探し当てて行くのだが、彷徨っている子供もいる。
 頑張れ、みんな。確かに人生は厳しいよ。でも楽しいことも絶対にあるんだよ。だから前を向こうな。休んだっていい。どんなにゆっくりでも構わない。でも前を向こう。
 

|

« 宇宙博 | トップページ | 正しくビビろう その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宇宙博 | トップページ | 正しくビビろう その1 »