« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月25日 (金)

祭りだ祭りだ

祭りだ祭りだ
踊るぜぃ

| | コメント (0)

腎生検

 7月に入って毎週2件ずつ子供の腎生検を行っている。みんなとても聞き分けが良く、しっかりと安静を保ってくれるので、滞りなく数日間の入院で終わらせてくれている。

 今年はプロ○フォールの問題もあったため、全身麻酔が必要かもしれないという話をすると過敏に反応されることもあったが、幸い局所麻酔のみで終了している。もっとも慣れていないので、かの薬は使わないのではあるが。
 腎生検は治療方針を決める一助に過ぎない。その先に待つものの方がよほど大事ではあるが、何より問題なく検査できることが重要。一端家に帰った後、これからの夏休みを家で過ごせるのか、それとも病院で過ごさなくてはならないのかは、その結果次第だ。
 今日は無事に検査できた子供たちも含めて、小児科夏祭りを行う。暑く、熱い夜になりそうだ。

| | コメント (0)

2014年7月21日 (月)

安房勝山

安房勝山
次男と浮島を眺めながら狩りに勤しむ

アイナメとベラをとったどー

| | コメント (0)

2014年7月18日 (金)

淡路島

淡路島
夕凪の瀬戸
いいねぇ

| | コメント (0)

2014年7月11日 (金)

しびれる試合

 アルゼンチン対オランダはしびれる試合となった。オランダは自慢の圧倒的な攻撃力を前面に押し出さず、バランスを取りながら隙をうかがっていた。アルゼンチンはオランダに比べるとより守備に重点を置いていた。ただライン際をえぐるラベッシとそれに呼応するイグアインはオランダの攻撃への意識偏重を思いとどまらせるに十分な迫力であった。

 それにしてもこの日はアルゼンチンのマスチェラーノの日だった。位置取り、身体の寄せ、シュートブロック、すべて完璧。センターバック2人との連動を見ていると鳥肌が立つほどの美しさだった。この試合を「両チーム慎重ですね~」などと表現するテレビ局は放映する権利などない。この素晴らしさを伝えないから日本が強くならないのだ。
 それにしてもメッシ・・・なんでそんなに歩いてんねん。守備しろとは言わないけど、ボールをもらえる、引き出す動きくらいしろよ。

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »