« 好みの問題 | トップページ | しびれる試合 »

2014年6月30日 (月)

麻酔

 麻酔にリスクは付きものだ。どんな麻酔をしようともリスク無しですべてOKというものは存在しない。だから慎重にも慎重を重ねて行う癖をつけている。ただいたずらに不安を煽ってもいけない。病は気から、不安が不安を呼んでしまえばそれだけリスクも高くなる。それが難しい。

 特に小児では未承認の薬を使うことも多い。それは麻酔に限らない。使用経験が少ないからという理由で未承認になっているが、日常的に使われる薬はそれこそたくさん存在する。海外では普通に使われ、アジア人でも特に問題なく使われている実績があっても日本では未承認ってことはザラにある。
 今回の女子医大でのプロボフォールによる死亡事故が、どういう環境下でなされていたのか詳細が判らないのでコメント出来る立場にない。言えるのは事故に遭われた子供達のご冥福をお祈りしたいということだけだ。ただいろんな人が承認もされていない薬を投与したからと発言されていることが気になる。薬は薬にもなれば毒にもなるもの。承認されているものがすべて安全で未承認はとんでもない薬という訳でもないし、日本でのみ承認が遅れているないしはなされていないという薬も多いという事実を報道しないのは片手オチだ。くだんのプロボフォールにしても、超有名医学雑誌The New England journal of medicineの総説でMRIなどの検査のための麻酔でも使用しうることが記載されている。それは報道されても良い事実ではないだろうか。
 季節柄、腎生検を予定する子供達が増えている。麻酔を施さなくてはならない子供は多く、麻酔の話をするのが難しい現状だ。粛々と、これまで通り慎重に施行していく他ない。もっとも古い時代の自分としてはプロボフォールを使ってきた世代ではないためそれは使えず、昔のやり方しかできないのであるが。

|

« 好みの問題 | トップページ | しびれる試合 »

コメント

当院でもプロポフォールを巡って物議を醸しだしたことがありました。

添付書には、小児への使用はよろしくないと記載されている、と某ドクターが言いまくっていましたが、使用した麻酔科医は他院で修業をし、プロポフォールをわかって使用した出来事でした。(対象患児の年齢が小さ過ぎたということもありましたが)

使用したその場にいなかった医師が大騒ぎする、パワハラに近いその様子に異様な感覚がしたのを覚えています。

今、研修で倫理の勉強をしていますが、医療における倫理って本当に難しいですね・・・・・。

投稿: ゆきんこ | 2014年7月 4日 (金) 11時55分

ゆきんこさん

 小児への適応が承認されていない薬を使わなくてはならない小児医療。何かあれば現場だけ悪く言われるなら現場が逃避するだけですね。

 

投稿: クーデルムーデル | 2014年7月11日 (金) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 好みの問題 | トップページ | しびれる試合 »