« 岩井海岸 | トップページ | 風花コンサート »

2014年5月 6日 (火)

岩井海岸 続き

 4日は連休で最も天気が安定しているはずと考え、シーカヤックを目論んだ。場所は外房か内房かと最後まで悩んだ。外房の方が美しいが波・潮の怖さがあるし、内房は波は静かだが東京湾だし・・・結局4月末に通った低気圧の影響が残り、太平洋側は波とうねりがあるとの判断で、内房を選択した。

 となると内房でもどこへ行くべきか。東京湾から少し離れた沖ノ島は夏に潜って素晴らしいのはわかっている。他にどこかないだろうか。ということで他のカヤッカーの人たちのブログに知恵を借りることとした。
 内房で活躍するカヤッカーは結構いる。その方々が浮島を推していることを知った。しかし浮島は個人所有の島で、上陸が出来ない。自分一人であれば是非廻ってみたい島ではあるが、子供も一緒となると難しい。すると最近寄らせていただいているJoe-monさんのブログに岩井海岸で漕いでいるという記事がアップされた。美しい砂浜も途中にあることを知り、ここを目指すことにした。
 昨年の合唱部の合宿で訪れた岩井海岸。駐車場の場所も判っていたので自宅を8時に出て11時には海の上にいた。遠浅の海は砂地の底がくっきりと見える透明度。パドルを漕ぐ手も軽やかになる。そよ風の中快調にカヤックは進んだ。途中の美しい岩場で昼食。引き潮で潮溜まりがあちこちに広がっていた。
 ゆっくりと帰り支度を整え、途中で見つけた洞窟へ。
Dscn5325 ひんやりとした空気が立ち込める洞窟は、薄暗く、波の音がこだましてなんとも言えない雰囲気だった。う~~~ん面白い!
 こりゃやみつきになりそうだ。

|

« 岩井海岸 | トップページ | 風花コンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岩井海岸 | トップページ | 風花コンサート »