« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月21日 (火)

一生やる

 時々読ませて頂いているブログがある。心に染みた言葉があったので、ここに記す。

 元雄はしみじみと源内を見た。
「何だっていい,おめえさんがやろうとしていることがあるんなら,それを一生やるって決めちまうことだ。一生やる,一生続ける。それさえ覚悟しちまったら,もう恐えものなんかねえよ。そりゃあ,一生やっていきゃあ,そのうちにはいいことも悪いこともあるさ,あたりめえじゃねえか。しかし,そりゃあ,一生続けていくことの,その途中にあることの,その途中のただの景色だよ。いいことがあったらあったで,やってゆく。悪いことがあったって,どうせ続けてゆく。いいことや悪いことに惑わされちゃいけねえ。こちとら,ただ,一生,くたばるまでやるだけのこった。一生やる,それが,どうしようもねえ時に,必ずおめえさんを救ってくれる。そういうもんだよ・・・・」

 「大江戸恐龍伝」より

| | コメント (0)

ストマックフルー

 冬期には嘔吐を伴うことの多い胃腸炎が流行する。夏期にもウイルス性胃腸炎はあるが大流行は少なく、食べたものに含まれる細菌による感染で胃腸炎となる人が多い。冬期に流行するものとするとウイルス感染が主流で、ノロやサポ、ロタ、アデノなど様々なウイルスが原因となる。どれであろうと糞口感染が主体で、接触や飛沫感染はとても少ない。よって基本は排泄物の処理と手指の洗浄が第一となる。

 ノロウイルスは結構頑固で吐物が乾いてしまうと空気中へしばらく漂うことが知られている。このため多くの人へ急速に広まる可能性を持っている点でやっかいだ。しかも原因ウイルスをノロと断定するのは時間も金もかかることで、ノロだからどうという考え方は非効率極まりない。

 海外ではこの時期に流行る胃腸炎をストマックフルーと呼んでいる。フルーとはFluすなわちインフルエンザのようなものということで、激しく流行することを意味しているのだろう。その呼び名にウイルスの名前は入っていない。それは治療においても予防においてもウイルスが何であれ大差ないということを示している。治療薬だってどこにも無い。整腸剤が病期を短縮するというデータもない。数時間で嘔吐が止まったら、少しずつ頻繁に水分摂取して治るのを待つしかない。

 ノロだから、ノロと判ったから塩素系の漂白剤を使おうというのはおかしい。そう断定できる根拠はとても弱い。それならば吐物はすべて塩素系の漂白剤を混ぜて捨てること、吐物の着いた衣服は出来るだけ塩素系の漂白剤を混ぜて他の洗濯物と別にすること、そして出来るだけ乾燥機で熱すること。手指も塩素系の漂白剤を噴霧するとしたいところだがそれは待つべき。皮膚を痛めることと、すべて殺菌できるとおもったら大間違いであることなどから、それよりなにより石鹸でしっかり洗い流すことが重要だ。手指についたウイルスは洗い流せばよいのだ。

 罹ったかどうかを医者に判定させるなんてとんでもないことを言わないように。迅速検査は相当量のウイルスが検出されない限り陽性とはならず、しかも疑陽性も存在する。正確な判断はウイルス分離しかなく、時間とお金が掛かり、すべての患者に対応出来るものではない。治ったかどうか証明するというのもナンセンス。なんのウイルスか定かでなく、しかも便中にはどのウイルスも数週間排泄される可能性がある。どこを治ったとするのかなど人によって様々とするとその証明書になんの意味があるというのか。

 吐物・排泄物の処理が出来て、手指の洗浄がきちんと出来るなら社会的活動を制限する必要はない。何とかの一つ覚えよろしく、隔離隔離では社会が成り立たない。インフルエンザとて日本の隔離政策が世界中から根拠無いとあきれられたものだったことを思い出して欲しい。ウイルス感染は発症する人もいれば発症せず保因者となっている人も大勢いるので、ある瞬間に一地域を完全に隔離するなどしない限り意味は無い。つまりウイルスを隔離で封じ込めるなんてどだい無理な話。インフルエンザも含めて12月から3月までは日本全国皆自宅待機にしましょうとするなら別だが。

 激しく蔓延するウイルスに対しては、国をあげてワクチン製造および接種に努めるというならとても意味あることだろう。

 ということで皆さんよく手洗いして、罹ったら大人しくおうちで休養を取って、水分摂取を心がけ、復帰した後もこまめに手洗いしてくださいませ。

| | コメント (2)

2014年1月19日 (日)

雪化粧

雪化粧


限りなくうっすらだけれど
受験生のみんな、気を付けて

| | コメント (0)

2014年1月15日 (水)

つまらん

つまらん
昨年この作者の本を読んで、賛同の声をこのブログに書いたが、こいつはいただけない。全てが日本のシステムによる社会現象とするところに無理がある。おかしな処、突っ込み処満載で読む気が失せた。

| | コメント (0)

2014年1月12日 (日)

私には。。。

 私には。。。

 申し訳ないが私にとって感動するものではなかった。折角最後までノンストップで読んでいたのに、話のオチが陳腐で脱力感に見舞われた。

 もちろん戦争の事を何一つ知らない若い人への最初の一冊としては悪くない。映画がどうなのかは知らない。ただこの本を読むより、靖國へ行くか、江田島の旧海軍兵学校を見学する方がずっと良い。それから様々な書籍に当たることをお薦めしたい。

| | コメント (0)

2014年1月10日 (金)

日本よ

日本よ
いかん、涙が出て困る。。。

| | コメント (0)

2014年1月 9日 (木)

やっと解放

 エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2013が昨年発刊された。これの英語版の発行のgo signが出たので、ようやくガイドライン作成委員も解放される。あ~しんどかった。

Ckd

| | コメント (0)

2014年1月 7日 (火)

インフルエンザの季節到来

 またインフルエンザの季節がやってきた。いつもより少し早い流行のように感じる。AもBも見掛けるが、幸い爆発的流行には到っていない。東京や千葉は乾きまくりなので、おそらく大流行も近いだろう。

 学校など人が集まる場所は流行の温床となる。暖房だってろくに無いし、加湿なんて公立小中学校に施せるはずもない。寒くてドライな環境は一番流行の先端を突っ走ることのできる環境だ。インフルエンザに罹患した児をいくら隔離しても無駄だ。インフルエンザでもウイルス感染は人により症状の発現は千差万別だ。発熱すら来さない人もたくさん存在する。治癒証明など愚の骨頂。登校基準が示されているのだから、病院など行かず、家庭で対応すればよい。病院に来れば、他の感染症をもらって帰るだけだ。症状もろくにないのにインフルエンザかどうか調べてもらいたいと来院する人もいるが、これまたおかしな話。検査は100%信頼できるものではない。罹っていても陽性にならないとか、罹っていないのに陽性と出る場合もある。後者はおよそ10%にも上る。それなのにインフルエンザに罹患したかどうかの証明になるだろうか?

 インフルエンザの特効薬としてタミ○ルなどが使われ始めて10年。最近は点滴も開発され、ある病院では小さな子供達にガンガン点滴しているらしい。そこの病院の先生曰く、「ラピ△クタはよく効くよ、みんな2日か3日でピンピンだ。」・・・あの~うちは抗インフルエンザ薬など使用せずよく休むよう指導するだけで、子供達は皆2日ほどで解熱しピンピンしてますが。

 インフルエンザによる死亡者数の推移は簡単にネット検索できる。流行の度合いに違いがあることから毎年ばらつきはあるのだが、抗インフルエンザ薬が使用されるようになっても何も変わっていない。これが1/10以下になっているというなら誰も文句のつけようがないのだが。。。効能書きに目をやると、解熱を1日早めるとある。要するに寝て休めるなら使おうが使わまいが同じ事。気道感染症に滅法弱い喘息患者や免疫抑制中の方には使用を考慮すべきだろう。それは原疾患や全身状態の悪化を防ぐために他ならない。社会的にどうしてもという人もいるだろう。そういった人に限定するべきところではないか。

 もちろんインフルエンザだろうか、他のウイルス感染症だろうが、重症化する人は一定数存在する。3日して解熱しないとか、増悪傾向にあるとか、発熱しているのに顔色が悪く、肩で息をしているなどの症状があれば受診すべきだ。特に早めに受診して抗インフルエンザ薬などを既にもらっているからと放っておいてはいけない。

 うがい、手洗い、睡眠時間をしっかり取り、加湿など環境管理に気を配ること、そして罹ったらよく休むこと。これでこの季節を乗り切ってゆこう。

| | コメント (0)

2014年1月 6日 (月)

薦めないな~

 お医者さんが薦めるというクレ○リン。置いておくだけでウイルスを99%除去するとのこと。

 二酸化塩素については様々な論文が出ていて、確かに相当な濃度にすれば一般的によく遭遇するウイルスに関しては99%除去できるようだ。ただし相当な濃度というのが問題で、99%除去出来る濃度の1/100の濃度環境で8時間までの労働が認められるという他国での労働基準が示されている。ちなみに1/100の濃度ならウイルスの除去率は数%しかない。

 身体そのものへの影響がまだよく知られていないこの薬物を置いておくことは、現時点で私は薦めることが出来ない。

| | コメント (0)

2014年1月 1日 (水)

千手院

千手院

決意の鐘か
祈念の鐘か
はたまた決戦のゴングか

頼むぜぃ

| | コメント (0)

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます
@熊野神社
甘酒うまし

| | コメント (4)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »