« チャリティーコンサート | トップページ | これから »

2013年12月27日 (金)

支持

 ここという絶妙のタイミングで靖国神社参拝を行った安倍首相。何をしようが中韓は変わらず、放っておけば向こうから擦り寄る他はないと国民が気付いたところでの参拝。しかも今年のすべきことは今年の内にという絶妙のタイミングだ。つまらないことだが、新年早々だと2014年の1年かけてグチャグチャ言う人達の相手をしなくてはならない。本来なら年頭か戦没者慰霊祭の時に参拝するのが筋だが、内外共に絶好の機会と言えるだろう。

 A級戦犯と判決を下した連合国側からすると、この戦犯が合祀されている靖国神社参拝は気に入らないだろうが、当事国である日本にとって戦犯と言える人達だろうか。少なくとも日本人の考え方の中に、今もって彼らを断罪し、未来永劫子々孫々に到るまで許すまじとするものはない。日本のために尽くした死者の霊を弔うという文化をとやかく言われる筋合いはない。

 あの厳かな雰囲気の境内で、戦没者の魂を思えば、自然と頭を垂れることになるだろう。

 余談になるが、年配の知識人と言われる人達の多くは戦後マルクス主義の影響を受けている。おそらくマスコミの中にも相当数そういった方が含まれているだろう。その人達からすればとんでもない話で、中国共産党に逐一報告したくなる気持ちはよく判る。だからといって国民を煽動するのもいい加減にして欲しい。身近にもそういった知識人を見掛けるが、彼らの行動の原則は、国のやることや言っていることはすべて嘘、政府に対抗する個人の書物や言動はすべて真実で構成され非の打ち所がないというものだ。少しその書物や言動を調べてみると、悲しくなるほど稚拙な物が多い。何故あのような優秀な人がこんな事が見破れないのかと不思議に思うほどだ。だからと言って、国の方針や発表事項がすべて真実と信じなさいということではない。見極めが肝要だと言うことだ。

|

« チャリティーコンサート | トップページ | これから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チャリティーコンサート | トップページ | これから »