« コンフェデ | トップページ | 合宿の夜 »

2013年7月 3日 (水)

ワクチン雑感 その1

 HPVワクチンが厚労省から奨励しないと通達されている。現場の混乱は甚だしい。そもそも子宮頚癌ワクチンなどと大層な名前で呼ぶところから気に入らない。癌ワクチンというならば肝がんワクチンとしてB型肝炎ワクチンの方が遙かに多くの人達に確実に恩恵をもたらすものだ。子宮頚癌を軽んじる訳ではない。しかしワクチンによるウイルス感染予防効果自身にも大きな差があり、しかも肝炎ウイルスは水平感染もありえるウイルスだ。最大多数の最大幸福よりも、声の大きい人、票になる人の意見を尊重する”空気を読む”日本の悪しき伝統によるものではなかったか。

 それはさておき、HPVワクチンでCRPS(複合性局所疼痛症候群)を来たし苦しむ人が相当数出ているとの報道がある。CRPSはワクチン接種に限らず、針を刺す行為を始めとして身体に外圧を加えることで起こりうる症候群だ。採血やピアスの穴あけでも、打撲でもなってしまう人は存在する。確かにこのワクチン接種後に発生数が多いのは気になるところだが、世界を見渡して、他の国々で問題となっていないところをみると、おそらくワクチンそのものの問題ではなく、受け手になにかしらあると考えるのが自然だ。日本人女性は針刺しによりCRPSを起こしやすいとか。。。しかしそれならば他の採血や点滴でもなりそうだが。。。

 日本は副反応ばかり気にするあまり、ワクチンの効果を落としてでも副反応をなくそうと努力する国だ。他国のワクチン接種は筋注が主流だ。皮下注より抗体産生が高いことが証明されているからに他ならない。日本では昭和後期に解熱剤や抗生剤を頻繁に筋注していた時代があった。このころ筋拘縮症が報告され、筋注が悪いとの結論に達したらしい。その名残なのか、ワクチンの成分と上記の薬品の成分や量に違いがあるにもかかわらず、ワクチンを筋注することなく現在に到っている。

 筋注に慣れていない人、しかもナーバスになりがちな思春期の女の子達に、とても痛い注射だと言いながら接種すれば、それだけでCRPSを作ってしまうのではないだろうか。外来小児科学会の雑誌に報告されていた、ゲート理論を利用した、痛みの少ない注射法っていうのをやっていくと、もしかしたらこの副反応は抑制されるかもしれない。それは、簡単に言うと痛みは他の刺激によって減弱しうるというものだ。接種すべき部位を指で強く押した後に接種すると、痛みが軽減されたという報告である。面白い、是非やってみることにしよう。

 ただ・・・痛み刺激の後、他の刺激で痛みをまぎらせるというのは理解できるのだが・・・

 

 

 

 

|

« コンフェデ | トップページ | 合宿の夜 »

コメント

こんにちは。
3日前に帰ってきました。まだまだ 時差ぼけ中ですがあさってから 本格的に職場復帰なので 明日もう一日 のんびりします。
娘は 日本で蚊に刺されまくり 500円玉くらいの腫れが足に何箇所もできてしまいました。わが町にある創業100何?年の薬局に行き 薬剤師さんに見せたところ うちの娘も さされると腫れるんですよ!でもダニではなさそうですね~(穴が二つ空いていると ダニの疑いがあると言われました)と言われデキサP軟膏と言うのを薦められ 娘に塗っていました。今は刺された所が小さなかさぶたになっている状態です。
こんな 蚊の刺され方?もあるんですね。ちょっとびっくりです。

さて。。。
今回のコラムの最終章で先生がおっしゃっている”接種すべき部位を指で強く押した後に接種する”という件ですが これを読んで10年前のことを思い出しました。

娘が乳幼児のときに 一度に3本くらい予防接種をされていたのですが その時にナースは必ず 腕をきゅっとつねって そのまま皮膚をつねった状態で注射をしていたのです。
これこそ 痛みで痛みを制する状況 だったのでしょうね。

もっと小さいときは 太ももに”ブスブス”さされていました。しかも 数秒で両足(注射器を縦に持って ブスブスさしていました 笑)という早業で 娘が泣く頃(痛いと気付く頃?)にはすでにバンドエイドが貼られているという神業でした。
自分が経験したことのない方法だったので 驚いたことを思い出しました。

投稿: バリスタUSA | 2013年7月 7日 (日) 16時02分

バリスタUSAさん

 子供は皮膚の腫れが目立ちますから、虫刺されで赤く腫れ上がりやすいです。

>無く前に貼られる神業

 youtubeでも海外でのワクチン接種の様子が見られますが、凄いの一言ですよね。日本は過保護すぎるのかもしれません。 

投稿: クーデルムーデル | 2013年7月 8日 (月) 19時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コンフェデ | トップページ | 合宿の夜 »