« 徳島マルシェ | トップページ | ワクチン雑感 その1 »

2013年7月 2日 (火)

コンフェデ

 久しぶりに各国代表のサッカー観戦をした。このクラスになると面白いね~

 最後はブラジルがスペインを粉砕したが、スペインのコンディションの悪さが残念でならない。1年間リーグ戦を戦ってきての6月で、しかも中2日ならどの国の選手でも走れるはずがあない。もちろんブラジルの強さを否定するものではないが、本来のスペインでなかったことも考慮すべきだろう。

 それにしてもトーレスをトップにもってきて、サイドからの放り込みを選択するとは思わなかった。監督の目には、トーレスの状態がよかったのだろう。しかし後半、ブラジルはナバスもビジャも捕らえ切れていなかった。あくまでもテレビを観ての感想だが、ゼロトップでセスクかシルバを最初から入れていたら、混乱したのはブラジルの方ではなかっただろうか。まあコンディションが良いはずはないので、それでもブラジルが勝利しただろうが、おそらくワールドカップ本番はブラジルが苦戦するだろう。

 日本は面白いサッカーをするようになったと思う。アジアでの戦いを観ていると、吉田と香川のふがいなさが目に付いたが、所属チームでは素晴らしい活躍をしていたので、このギャップは何かと思っていた。吉田は精神的な問題を抱えているようで、今回もやっちまったが、香川は吉田と違ってギアチェンジして本当に凄かった。おそらく左サイドバックの状態がよければ、イタリアとメキシコには勝ち点をもぎ取っていたに違いない。長友の左足が不安定なのは最初のブラジル戦から判っていたので、何故高徳を出さなかったのだろうか不思議でならない。

 ということで、来年のワールドカップは大いに楽しみだ。

|

« 徳島マルシェ | トップページ | ワクチン雑感 その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 徳島マルシェ | トップページ | ワクチン雑感 その1 »