« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月31日 (水)

ワクチン雑感 その2

 ここ数年日本でもたくさんのワクチンを打てるようになってきた。まだまだ足りないし、すべてのワクチンを無料にすべきだと思うので、満足感はないが、それでも10年前とは雲泥の差だ。

 これだけたくさんのワクチンを打つなら、同時接種の方がよい。昨今ワクチンは集団接種しない。唯一行われていた生ポリオワクチンも不活化に変わり、集団接種する自治体はほとんどなくなった。そうすると病院ないしは医院で接種を行うことになる。そこは綺麗な場所ではない。健康な方は出来るだけ来ない方がよい場所だ。予防接種の時間と場所を特別に設けていればましではあるが、受診すればするほど感染のリスクは増えると考えるべきだろう。そういった観点から、同時接種の方が望ましい。また免疫の獲得という点でも同時接種の方が率が高いことが知られている。副反応の出方に差はないことからすると、同時をお薦めする。

 予防接種には免疫獲得率を出来るだけ高率とするために、接種間隔をそれぞれに定めている。これは医学的根拠(薄いのではあるが)に基づき、厚労省が決めている。不思議なことに海外とのズレが結構あって、その通りにしない(したくない)場合もあるのだが。。。それに加えて、自治体がこの期間に接種したら無料ないしは助成金を出しますよというものがある。これが無茶苦茶ややこしい。その期間から外れた人は何故外れたのか理由を自治体に届けなくてはならない。それが医療機関で発行しなくてはならないため、予防接種を行うことが煩雑極まりないことになっている。

 想像してみて欲しい、医学的根拠はこちらも勉強しているので、さっと頭の中で計算し判定することができる。しかし隣町に住んでいる人が接種に来て、その自治体の方針を覚えていられるだろうか。またそれが近隣数カ所の自治体に渡っており、それぞれ確認作業を行うとするとどれだけのチェック機構を働かせなくてはならないだろうか。で、毎日何十件とある予防接種を100%これらに合致するよう目を光らせることがどれほど大変なことか。

 ハッキリ言って、やってられない。自治体ごとの取り決めをしたいのであれば、自治体ごとの保健所で集団接種をするのが一番だ。個別接種は煩雑極まりなく、例え医学的に間違っていなくても、自治体の助成金を得られないからと、そんな接種をした医療機関としてクレームの電話が鳴り響くのだ。それでも個別接種をさせたいのであれば、各自治体の対応も加味した予防接種アプリを開発して医療機関に届ける義務があるのではないか。そのうち「やーめた」と言い出す医療機関が出てくるぞ。そしたら接種できる医療機関はパンクして、市民が迷惑するだけだぞ。

 てなことをブツブツ呟きながら、泣く子をなだめながら、予防接種の日々が続いているのだ。

| | コメント (0)

日韓戦

 言わずと知れたサッカー日本代表の試合。1980年代から90年代にかけて韓国にやられ続け、今後100年日本サッカーには云々と韓国に言われていた世代だけに、日韓戦はどうしても気になってしまう。韓国が必死になって戦ってくれるおかげで、見ていて面白い試合になるということも関係してくる。

 今回韓国は監督をホン・ミョンボ氏へ交代させた。彼が素晴らしいサッカー選手であったことは、Jリーグを見て来た人ならわかるはずだ。彼がどのようなチームを作ってくるのかとても興味があった。韓国のホーム試合とあって、のっけから攻めてくる展開となったが、きっと守備はしっかり組織してくるだろうと思っていた。案の定プレスを掛け、ボールを早く奪取する韓国に圧倒された。その後縦へ急ぐ攻め方ではなく、サイドチェンジを効果的に行って攻める姿は敵ながらあっぱれ。若手中心だから最後の決め手に欠いたが、こりゃ来年のワールドカップ本番では結構いいチームを作ってくるに違いないと思わずつぶやいていた。試合そのものは我がチームの若大将、原口のドリブルシュートのこぼれ球を柿谷がしっかり蹴り込んで日本の勝利となり、テレビの前で歓声を挙げることが出来た。

 後で知ったことだが、韓国はサポーターの意志で政治的な横断幕を掲げたそうな。それを批判した日本サッカー協会に対し、韓国の協会は日本が旭日旗を揚げたからだと言ったようだが、あれだけの大きな横断幕をその場で用意できるはずもなかろう。スポーツに政治を持ち込むことがいかにくだらないことか。韓国はオリンピックでもこういったことを繰り返していて、対象は日本に留まらず、競技もサッカーだけでなく様々なところでスポーツマンシップに反するナショナリズムを誇示している。つまらない、実につまらない。

 普通に考えて、このような行動は人間の、志の小ささを表すためみっともなくて仕方がない。素晴らしい試合に泥を塗っていることに気付くべきだろう。

| | コメント (0)

夏祭り

 恒例の小児科夏祭りが先週末開催された。今年は地元の新規就農の方から提供された野菜を使ったカレーが栄養科から振る舞われるなど、地域に根ざした活動に磨きがかかってきていた。

 合唱も勿論披露し、夏祭りとしては9回目のコンサートを実施することが出来た。曲目は怪獣のバラード、さんぽ、スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシス、遠い日、花は咲く、と子どもから大人まで楽しめるものにした。これまで小児科夏祭りの発案者、実行責任者としての気持ちから、始めの挨拶を含め、自分が先頭に立ってきたが、今年からこの考え方を一掃することにした。指揮者として前には立つけれど、案内役は団員に任せてみたところ、患者さんたちの受けがとても良かった。小児科だけでなく、年配の患者さんたちが多く集まってくれたことが関係していると思うが、その方が団員もやりがいと感じてくれたのではないだろうか。

 来年は記念すべき10回目の夏祭り。盛大にやりたいが、これは団員に知恵を絞ってもらうことにしよう。

| | コメント (0)

2013年7月29日 (月)

こりゃ面白い

こりゃ面白い
自分は経済に疎い。だからこの本に騙されているかも知れない。しかし投資につきこれだけ熱く語る本を私は知らない。若い人に読んでもらいたい。

| | コメント (0)

2013年7月16日 (火)

佐倉ふるさと広場

佐倉ふるさと広場
チューリップが揺れていた広場は今こんなに熱く輝いています

| | コメント (0)

2013年7月14日 (日)

懇親会

懇親会
先斗町と新橋の芸妓さん対決

全く違う芸風にビックリ

しかし料理もだけれど○かかってんな〜

| | コメント (0)

小児皮膚科学会

小児皮膚科学会
初参加の学会

さてどんな面白い知識を得ることが出来るだろう

| | コメント (0)

2013年7月 8日 (月)

合宿の夜

合宿の夜 

 病院合唱団を結成して10年。メンバーは少しずつ入れ替わってきたが、マンネリ化は否めない。夏祭り本番へ向けて、親睦を兼ねた練習およびマンネリ打破として合宿しないかとつぶやいたら、あっという間に実現してしまった。

 諸事情で半数ほどの参加だったが、普段出来ない発声練習から本当によく歌った。夜はバーベキューの後、花火を楽しみ、そして飲んで語り合った。

 予定していた浜辺での水遊びは強風高波で中止したが、美味しい海辺の定食を食べて帰路に着いた。

 勿論疲れた。でも心地よい疲れに包まれている。

| | コメント (0)

2013年7月 3日 (水)

ワクチン雑感 その1

 HPVワクチンが厚労省から奨励しないと通達されている。現場の混乱は甚だしい。そもそも子宮頚癌ワクチンなどと大層な名前で呼ぶところから気に入らない。癌ワクチンというならば肝がんワクチンとしてB型肝炎ワクチンの方が遙かに多くの人達に確実に恩恵をもたらすものだ。子宮頚癌を軽んじる訳ではない。しかしワクチンによるウイルス感染予防効果自身にも大きな差があり、しかも肝炎ウイルスは水平感染もありえるウイルスだ。最大多数の最大幸福よりも、声の大きい人、票になる人の意見を尊重する”空気を読む”日本の悪しき伝統によるものではなかったか。

 それはさておき、HPVワクチンでCRPS(複合性局所疼痛症候群)を来たし苦しむ人が相当数出ているとの報道がある。CRPSはワクチン接種に限らず、針を刺す行為を始めとして身体に外圧を加えることで起こりうる症候群だ。採血やピアスの穴あけでも、打撲でもなってしまう人は存在する。確かにこのワクチン接種後に発生数が多いのは気になるところだが、世界を見渡して、他の国々で問題となっていないところをみると、おそらくワクチンそのものの問題ではなく、受け手になにかしらあると考えるのが自然だ。日本人女性は針刺しによりCRPSを起こしやすいとか。。。しかしそれならば他の採血や点滴でもなりそうだが。。。

 日本は副反応ばかり気にするあまり、ワクチンの効果を落としてでも副反応をなくそうと努力する国だ。他国のワクチン接種は筋注が主流だ。皮下注より抗体産生が高いことが証明されているからに他ならない。日本では昭和後期に解熱剤や抗生剤を頻繁に筋注していた時代があった。このころ筋拘縮症が報告され、筋注が悪いとの結論に達したらしい。その名残なのか、ワクチンの成分と上記の薬品の成分や量に違いがあるにもかかわらず、ワクチンを筋注することなく現在に到っている。

 筋注に慣れていない人、しかもナーバスになりがちな思春期の女の子達に、とても痛い注射だと言いながら接種すれば、それだけでCRPSを作ってしまうのではないだろうか。外来小児科学会の雑誌に報告されていた、ゲート理論を利用した、痛みの少ない注射法っていうのをやっていくと、もしかしたらこの副反応は抑制されるかもしれない。それは、簡単に言うと痛みは他の刺激によって減弱しうるというものだ。接種すべき部位を指で強く押した後に接種すると、痛みが軽減されたという報告である。面白い、是非やってみることにしよう。

 ただ・・・痛み刺激の後、他の刺激で痛みをまぎらせるというのは理解できるのだが・・・

 

 

 

 

| | コメント (2)

2013年7月 2日 (火)

コンフェデ

 久しぶりに各国代表のサッカー観戦をした。このクラスになると面白いね~

 最後はブラジルがスペインを粉砕したが、スペインのコンディションの悪さが残念でならない。1年間リーグ戦を戦ってきての6月で、しかも中2日ならどの国の選手でも走れるはずがあない。もちろんブラジルの強さを否定するものではないが、本来のスペインでなかったことも考慮すべきだろう。

 それにしてもトーレスをトップにもってきて、サイドからの放り込みを選択するとは思わなかった。監督の目には、トーレスの状態がよかったのだろう。しかし後半、ブラジルはナバスもビジャも捕らえ切れていなかった。あくまでもテレビを観ての感想だが、ゼロトップでセスクかシルバを最初から入れていたら、混乱したのはブラジルの方ではなかっただろうか。まあコンディションが良いはずはないので、それでもブラジルが勝利しただろうが、おそらくワールドカップ本番はブラジルが苦戦するだろう。

 日本は面白いサッカーをするようになったと思う。アジアでの戦いを観ていると、吉田と香川のふがいなさが目に付いたが、所属チームでは素晴らしい活躍をしていたので、このギャップは何かと思っていた。吉田は精神的な問題を抱えているようで、今回もやっちまったが、香川は吉田と違ってギアチェンジして本当に凄かった。おそらく左サイドバックの状態がよければ、イタリアとメキシコには勝ち点をもぎ取っていたに違いない。長友の左足が不安定なのは最初のブラジル戦から判っていたので、何故高徳を出さなかったのだろうか不思議でならない。

 ということで、来年のワールドカップは大いに楽しみだ。

| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »