« 連休前半 | トップページ | 足跡 その2 »

2013年4月30日 (火)

足跡 その1

 まだ防衛庁だった今から10年ほど昔、海上自衛隊の医者として船に乗っていた。ある年は365日のうち250日も洋上で訓練する自衛官と共に居た。護衛隊群の医務長という肩書きだった。

 医務長として赴任するよう命令が来たときは戦闘なんて遠い彼方の存在だった。もちろん命のまま赴任したが、相手は健康が取り柄の自衛官達。自分の必要性を疑う日々だった。おそよ1600名ほどの組織で、病院への通院者、入院者の把握をすることが日課で、怪我人が出たときに応急処置を施すのが関の山だったからだ。これくらいのことなら、慣れた看護長(準看免許あり)が居れば事足りる。長期の行動予定があれば、そのときの臨時派遣くらいでよいのではないかと思っていた。

 護衛艦には看護長と看護士が乗り込んでいた。彼らは隊員の疾病の把握を常時行っており、健診の結果も皆知っていた。彼らの役割は、それ以外に隊員へ救急救命処置を行うことや、隊員でもできる一次救命処置を指導することだった。船員法という法律があり、医者が居なくともとりあえずの救命処置は許可されていたが、さすがに戦闘もない現場では、年長者であっても技術の向上など望める状態ではなかった。看護兵は衛生員と呼ばれていたが、彼らが勉強できる機会は、現場ではなく、仮想訓練としての模擬体験でしかなかった。

 暇で仕方のない私は、衛生員の技術を向上させ、医者が常時乗り込まなくともよい環境を作れないかと考えていた。断っておくが彼らの能力そのものが高い事は疑いようもない。それを生かす現場ではないため、日々を幾分無駄に過ごしていたのだ。やる気、やらなければという気持ちだけでも起こさせる何かがないだろうかと思案する日々だった。勉強会をしてみたが、覇気は感じられず。実技講習をやってみたが、通り一遍のことならそつなくこなしてしまった。さて・・・

 現場の大切さ、臨場感を味わえる場所・・・大学に送りこむか?いやいやあそこは研修医が学ぶところで、衛生員が行っても見ているだけで終わってしまう。近くの病院でも同じだ。医者が居るところでは人任せになるだけだ。。。それなら救急車はどうか?あそこならとりあえず何とかしなくてはと考える救急隊員が乗り込んでいる。ちょうど救急救命士なるものが養成さレ始めたところだった。なんとか衛生員を救急車に同乗させてもらえないだろうか。

 救急車は消防庁の管轄だろうと思っていたら、あれは東京消防庁。地方の現場にいるのは市町村管轄。ということで呉の役場へ出向くと、国の機関である自衛隊の皆様に地方役場の者が教えられることなどなにもありませんと丁重に断られた。それはあくまでも建前の話、その実、現場を知るのは救急隊員であって護衛艦の衛生員ではないのだと説明しても無理の一点張りだった。

 諦めかけたそのとき、消防担当の林さんが言葉をかけてくれた。

 

|

« 連休前半 | トップページ | 足跡 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連休前半 | トップページ | 足跡 その2 »