« 市長私立高校 | トップページ | 今日は雨 »

2013年1月22日 (火)

関東腎研

 先週はいろいろと忙しかった。ガイドライン改訂作業も大詰めを迎え、パブリックコメントが出揃い、修正作業に取り掛かっているのを始めとして、小児総合医療センターでの腎病理カンファレンスで当院の症例を持ち込み相談し、週末は関東腎研へ参加。夜は町内会の会合と奔走していた。

 ガイドラインの作業では名古屋の先生からの指摘がとても勉強になった。自分が迷った部分をすべて的確に指摘し、更に改善策を示すという大人対応(惚れてまうがな・・・)。それならその先生がガイドラインを作るべきだって?これだけの作業を独りでなど出来ないので、分担して協議しながら作る他ないだろう。

 病理カンファでは病理的判断に間違いはなかったが、思いもよらない治療方針を示されたことでちょっと迷ってしまった。現在知り合いの先生に託し、更に検討を加えている段階だ。

 関東腎研は毎度皆が悩む症例呈示がなされるのだが、今年も難解な症例が集まった。ただ小児では見ることの少ない症例も成人では結構見掛けるというものもあり、東葛腎カンファレンスなどでの経験を通してみると、疾患が見えてくるから面白い。こういった積み重ねが血となり肉となる。続ける他はない。

 町内会も年度の終わりが見え、大詰めを迎えている。次への引き継ぎをより良いものにするため、会議は夜中まで続いた。信じられないかもしれないが、我が町の町内会の会合には飲食物は一切出ない。飲んでて遅くなるのではなく、真剣に討議して遅くなっている。次の人達、頑張って下さいな。

 ということで、とりあえず元気。

 

 

|

« 市長私立高校 | トップページ | 今日は雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 市長私立高校 | トップページ | 今日は雨 »