« Good bye 石巻 | トップページ | 自由続き »

2012年12月18日 (火)

自由

 衆議院議員選挙が終わり、予想通り民主党の惨敗が確認された。自民党が議席数を占拠しているが選挙の総括を見ると自民党が支持された訳ではないと言う。獲得票数、支持率も前回を下回っていたのにも係わらず、議席を得ているらしい。自民党員の口からも、郵政民営化の時のような自民党への風を感じることは無かったとのこと。よくみると全投票数そのものがとても少ない。つまり選挙に行かなかった人がとても多かったということだ。投票するも棄権するも自由?とんでもない、選挙は国民の義務だ。義務を果たさないところに自由はない。

 現代の日本人にとって自由とはなんだろうか。おそらく空気のように自然に存在するものと考えているのではなかろうか。わずか百数十年前、自由を求めて戦った幕末の志士たちや、飢饉にもだえ苦しんで一揆を起こしてきた百姓たちがこれを見てどう思うだろう。良い時代だと諸手を挙げてくれるだろうか。

 政党なんてどれを選んでも同じ?誰がどうなろうと俺は俺、我が道を行く?とんでもない。国民は自ら城を成し、国を作り、国を守らなくては生きてはゆけない。国が何をしてくれるかではなく、国に何が出来るかを考えるべきだ。そうでなくては何も変わらないし、何もできはしない。

 

|

« Good bye 石巻 | トップページ | 自由続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Good bye 石巻 | トップページ | 自由続き »