« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金)

津軽味祭弁当

津軽味祭弁当
食べながら仙台入り。明日は石巻へ。医療支援のためだけどどんな感じなんだろう…

| | コメント (0)

2012年11月25日 (日)

晩秋のカヤック

晩秋のカヤック
コバルトブルーに誘われて、いつもの手繰り川へ。烏瓜が小春日和の川辺を彩っていた。気持ちいい〜

| | コメント (0)

2012年11月21日 (水)

鳩舎に帰れなくなった鳩ポッポ

 まぁ、そりゃそうだな。ポッポちゃんは代議士やっちゃいけないよ。それより歴代首相による懇談会などへ参加できるのだろうか・・・韓なお君も顔出せないよね・・・

 野田さんは筋を通したので男を上げたね。支持率の上昇が皆の気持ちを表している。ただ日教組の親玉とつるんでいる限り、自分の持ち票は民主党に入ることなどありえない。これまでもこれからも。

 石原さんのやろうとしていることは大好きだ。産経に連載されている『日本よ』を読んで頂ければ彼の考え方がよく判る。ただの暴走老人ではない。戦争好きな右翼でも決してない。今の日本を取り囲む世界情勢を彼ほどハッキリと包み隠さず話せる人はいない。しかし橋下と組んだのはいただけない。選挙協力だけだとしても。

 さて既にバッシングが始まっているようだが、安倍さんの並々ならぬ決意には男の意地を感じる。朝日新聞のバッシングやTBSのサブリミナル効果によるアンチ安倍報道に負けないで欲しい。身体に不安があるのだが、今度ばかりは死んでもやり通す気概をもって臨んでいるはずだ。以前にも書いたが、彼の総理大臣になった時の所信表明演説を読み返して欲しい。私は感動に震えた。自民党にもなんじゃそりゃって代議士もいるが、ここは彼らに任せたい。参議院ともども地に足つけて政治を行える体制を備えて欲しい。この国のこれからの道筋をつけるべき時だから。

| | コメント (2)

2012年11月20日 (火)

CRP医者にはならぬよう

 既に言い古されているが、その思いを強くする雑誌の記事を読んだ。

 杏林製薬が配ってくれるドクターサロンという雑誌がある。今回は順天堂総合内科の内藤先生が炎症性疾患の検査方法という題でとある勤務医からの質問に答えている。是非医療に携わる人達に読んでもらいたい。

 中でも回診でCRPという炎症マーカーの数字を言わないで患者さんのプレゼンを行うよう研修医に指導しているというのがイケてる。検査データだけで患者さんの状態を言い表せるはずなどない。まずは現症状をどうとらえるかが一番なのだ。当たり前と思うかもしれないが、それがなかなか難しい。

 とかく検査しないとみんな不安になってしまう今日この頃。医療者も患者さんもそう。感染症については何のウイルスですかと患者さんが聞いてくる。ウイルスだって細菌だってそこいらじゅうにごまんと居るはずだ。いるから悪さしているかというとそうではない。居るだけってやつもよくあることだ。

 人間には免疫がきちんと備わっている。そいつがちゃんと作動していれば感染症に対して負けることは少ない。負けそうな、形勢が不利になりそうなところで対処する、ここが医療の出番だ。不利になりそうかどうかは患者さんの顔色と呼吸数と心拍数だろう。これに体温を加味して判断する。当たり前のことが現場ではないがしろにされている。昨今の研修医制度を生かし、妙な癖を体得する前に基本を教えようと頑張っている先生たちもいる。

 検査漬け、薬漬けにして良いことなど一つもありはしない。医療を提供する側も提供を受ける側も何が重要かを知っておくべきだろう。医療費削減と豊かな生活を得るために。

 

| | コメント (2)

2012年11月19日 (月)

NECカップ

NECカップ
準決勝、魂のこもったタックルを見せてもらった。負けたけど感動した。みんなカッコよかったぜぇ!!

| | コメント (0)

2012年11月13日 (火)

舌下療法

 今朝気付いたのだが、耳鼻科(当院では非常勤医なので週2日の診療日)の待合室のホワイトボードに貼付されていたのがこれ。

Photo

 まだ研究段階で現場には降ろせないのかな・・・

| | コメント (0)

2012年11月11日 (日)

Good bye 札幌

Good bye 札幌
豊平川を走る

冷たい空気が心地よい

so long 札幌

| | コメント (0)

2012年11月10日 (土)

道だー

道だー
気のおけない仲間と飲むためだけに北海道入り。

でもそれだけじゃあつまらないからジョギングへ。

この季節が一番北海道はつまらないなんて聞いてたけど、紅葉真っ盛りで素晴らしい!

道庁も北大も最高〜1時間ちょっと楽しんだぜぇ

| | コメント (0)

2012年11月 7日 (水)

霧の向こう

霧の向こう
この道をゆけば
どこへ行けるのか

信じてゆくべきか
後戻りすべきか

| | コメント (2)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »