« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月31日 (水)

4種混合ワクチン

 厚労省の担当者はどう責任をとるつもりなのだろう。

 国は百日咳・ジフテリア・破傷風という怖い疾患から子供たちを守る3種混合ワクチンを止め、新たに不活化ポリオワクチンを合わせた4種混合ワクチンに変更すると通達してきた。これらのワクチンは乳児期早期に罹ると重症化する疾患を予防するためにあるワクチンだ。接種を遅らせるととんでもないことになりうる。11月から4種混合にに切り替えるので、8月生まれ以降の子供は3種ではなく4種でと通達を出してきた。しかし今日の時点で私たちの病院への割り当てはわずか10本・・・次の配布予定は11月初旬が最後で、年内はこれ以上ないらしい!!?知り合いの開業の先生のところはわずか1本だけ。。。

 4種混合を作っている会社は2社。厚労省からのゴーサインが遅く、作るのが間に合わないとのこと。あのね~~今日だけで3種混合ワクチン接種者は10名以上いましたよ。私たちのところだけでね。

 ならば3種混合と不活化ポリオワクチンの併用でと考えるのは当然だ。しかし3種混合はなんとかなっても、不活化ポリオワクチンの会社は4種混合が控えているので、最初から生産量を少なくしている。そりゃそれも当然のこと。世界には同じ不活化ポリオワクチンがたくさんあるのだが、日本仕様(ラベル、刻印)にしたものは当初の予定人数分しかない。数ヶ月前からポリオワクチンの接種控えが起こっていたことを考えても、ここで野生株のポリオが海外から輸入されたらと考えると恐ろしい。

 この混乱をすべて現場に押しつけるのかい?ええかげんにせい!

| | コメント (0)

印旛沼

印旛沼
週末からの北風に乗り、水鳥達が続々と渡って来ている。例年とほぼ変わらない飛来だ。

| | コメント (0)

2012年10月27日 (土)

大学同窓会

大学同窓会
久しぶりの仲間。あの頃若かったよな〜

皆丸くなったよ、うん

| | コメント (1)

2012年10月24日 (水)

そりゃちがうぞな

 不活化ポリオワクチン接種で死亡例という見出しが今朝のテレビやネットニュースで流れた。これだけ見てどう思われるだろうか。

 亡くなったお子さんのご冥福をお祈りする気持ちに変わりはない。しかし接種して18日目という長い時間経過後に起こった不幸な出来事をワクチン接種と関連づけるのはいかがなものか。報道しか目にしていないが、それらによると基礎疾患をお持ちで、対応した救急医は吐物で気管が閉塞したのではないかと話している。念のため厚労省?保健所?へポリオワクチン後であることを通報したとのことだ。国内初のワクチンであり、開始からさほど時間が経っていないこの時期なら、医療者の対応として適切だと思う。

 もしかしたら厚労省が日本独自の4種混合ワクチンを薦めるために、不活化ポリオワクチンを陥れるような情報リークをしたのかと勘ぐりたくなるくらい怪しい情報だ。4種に入っている不活化ポリオワクチン株こそ世界でどこも使用していないエビデンスの少ないワクチンであるにも関わらず・・・まあこれについては憶測でしかないので、これ以上は言うまい。

 話は変わって、先日日本脳炎ワクチン接種直後に心停止を来たし、不幸にも亡くなってしまった方がいらっしゃった。ご冥福をお祈りすると同時に、家族の方々のお気持ちを察し、予防接種への取り組みに対し今一度襟を正して向き直そうと思う。接種5分後という短時間に心停止へ到っている状況から、アナフィラキシーにしてもちょいと激烈だなと感じていた。もしかしたら針刺しによるショックが起こったものかもしれないと思っていた。発表された内容からは、アナフィラキシーを伺わせる所見は解剖で見当たらなかったとのこと。ならばやはり後者なのではないか。

 この場合なかなか対応しても難しいことがある。エピネフリンの使用について再確認し、除細動器などを使う手順について話し合いをしておくべきだ。それでも助けられない命もあるのだが、悔いを残したくない。

 一つ言えるのは、ワクチン接種は個人的に数人が受けても防げない感染症がある。すべての人が接種して初めて根絶できる感染症があるのだ。それをもっと知って欲しい。

| | コメント (2)

腎カンファ

 1週間遅れとなってしまったが、先週水曜日に東葛腎カンファへ出向いた。前回は所用で参加出来なかったが、面白い症例の検討がなされていた。今回もよくわからない症例のオンパレード。

1.著名な泡沫状細胞の浸潤を認めたネフローゼ症候群の一例

 高脂血症と高血圧で内服治療を受けていた高齢女性が血尿を伴うネフローゼを発症し、腎生検してみたら泡沫状の細胞が間質にべったりひっついていたというもの。ただしs-Albは2.1と低いものの、1日尿たんぱくは2-3g程度。TCもクレストール内服しているとは言え、209程度。それなら腎から漏れたことによる低タンパクというより慢性炎症や血管の問題じゃないの?と思いながら病理の見解を待った。おそらくコレステリンシャワーが関連した2次性のFSGSとのこと。コレステリンシャワーが全身の血管に作用したと考えれば、この低Alb血症も説明できるのではないだろうか。なによりステロイド使用で、蛋白尿量はさほど変化ないものの、低Alb血症は改善していた。

2.透析導入となった抗GBM抗体型急速進行性糸球体腎炎の一例

 間質性肺炎と強皮症の既往のある高齢女性が尿量減少および下腿浮腫を主訴に来院。高血圧、クレアチニンの上昇、蛋白尿および血尿あり。腎生検で半月体形成性糸球体腎炎を確認。肺出血はなく、ANCA陰性、抗GBM抗体陽性から上記と診断し、パルス等で軽快。これは全く反論なし。子供では見ない貴重な症例を見せて頂いた。

3.骨髄異形性症候群に対し末梢血幹細胞移植を施行後に発症したネフローゼ症候群の一例

 造血幹細胞移植に関連する腎症があって、TMAや膜性腎症によるネフローゼが起こるらしい。組織はCyAのtoxicな変化が多く、糸球体はそれほど壊れた印象はない。IFではC3とC1qで顆粒状沈着強く、電顕では典型的な膜性腎症ほど密ではないがdepositが散在していた。ある先生は2次性ならこの所見で膜性腎症と考えて良いとのことだった。

まだまだ勉強することが山ほどあるな~~

| | コメント (0)

2012年10月23日 (火)

NSARF

 先週末からちょっと悩ましい子が入院している。まだ2歳前だがネフローゼを発症し、ステロイドを使い始めたのだけれど、血圧がどんどん上がり、同時に腎機能も下降線をたどっているのでお願いしますと他院から搬送されてきたのだ。

 幸いおしっこは出ている。もちろん浮腫みは酷い。BUNは80台、クレアチニンは1.0とこの年齢では腎不全の値。電解質はNa 130, K 4.5, Cl 100で酸アルカリバランスも崩れていない。ということで透析などの必要はないのだが、血圧が130/80もある。下大静脈径は6mmなので、この年齢では正常かやや張っている印象。通常ネフローゼでは血管内脱水となる。これが行き過ぎた場合や血栓などのせいで腎血流を保つためにレニン性高血圧を来すことがある。しかし今回はそれらしい所見はない。週末に搬送されたこともあり、まだレニン・アルドステロン系の検査結果は出ていないが、そうでないならば・・・

 高血圧性の脳症などが怖いので週末はCa拮抗剤で乗り切った。なにより本人が元気で食欲も旺盛なのが救いだ。しかし細かい調整のために点滴をしており、当然浮腫は強くなった。感染させないためにも点滴は止めてゆきたい。さてここからどう転んでくれるか。

 腎臓専門の腕の見せ所だが、今日は大学での講義の日。ちょっくら留守にするけど、いい子で居てくれよ。もっとも私がいなくても小児の腎専門医が他に2人もいるので、問題はないのだが。

| | コメント (0)

2012年10月19日 (金)

千葉小児腎臓フォーラム

千葉小児腎臓フォーラム
和歌山の中西先生をお招きして開催されました。とてもアグレッシブでしかも人間味のある先生で、素晴らしい講演を聞かせて頂いただけでなく、裏話もいろいろお話し下さいました。松戸の平本先生やうちの部長との掛け合いも楽しかったです。皆様ありがとうございました。

| | コメント (4)

2012年10月17日 (水)

田舎からの便り

田舎からの便り
同郷の義理の母から小包が届いた。中から出てきたのはアケビ。郷愁にかられるな〜

| | コメント (0)

2012年10月16日 (火)

精気が感じられない

 年に数えるほどしかないが、埼玉県のとある大学へ小児科の講義に出かけている。

 毎年ほぼ同じ内容の話をしているが、今年は駄目だな〜精気が感じられないのだ。
 寝るのは自分の話す内容が面白くないからだ。でも聞いているのに、参加してくる覇気が感じられない。つまらない。それじゃあ、話す方もつまらないよ。
 これじゃあ先生たちも大変だ。間違いなく面白い講義は出来ない。
 恩師が手塩にかけて育てた学生が卒業し、残ったのが彼らじゃ泣くよな〜

| | コメント (0)

今朝の印旛沼

今朝の印旛沼
風に揺れる秋桜

| | コメント (0)

2012年10月10日 (水)

安倍さんの本当のところ

安倍さんの本当のところ
あの時感じた心震える気持ち、それがなんだったのかが解る本。まずは安倍さんが総理大臣になった時の所信表明演説を読んで欲しい。それからこれだね。

| | コメント (0)

2012年10月 9日 (火)

そして

そして
グツグツ…

| | コメント (0)

敵の襲撃は続く

 ついに鍋・・・Photo

| | コメント (4)

2012年10月 4日 (木)

キター

キター

| | コメント (0)

2012年10月 3日 (水)

そろそろ鍋もいい

逃避

もちろん逃避

スゴック鍋にしたい・・・

| | コメント (0)

大詰め

 台風が列島の空気をかき回し、秋の風をもたらしてゆく。すると喘息症状から始まり、次第に風邪引きさんたちがひっきりなしに外来へ押し寄せるようになる。不活化ポリオワクチンの個別接種が始まり、11月には3種(ジフテリア・破傷風・百日咳)から4種(3種+不活化ポリオ)混合ワクチンが始まるし、インフルエンザワクチンもこの時期に接種を行うことになる。つまり季節労働者たる小児科医にとってかき入れ時になったということなのだが、自分には他にすべきことが山積みだ。

 毎年の事だがこの時期は県立大で小児科の講義を依頼されている。また病院内で線維筋痛症の講義を依頼されているし、防災委員として大規模災害訓練の指導をしなくてはならない。それよりなによりCKDガイドラインの改訂作業が大詰めを迎えており、今月でほぼ書き上げとしなくてはならない。1年掛けてやってきた作業だが、これがとんでもなく大変なものだったのだ。まだ細かな修正を施しており、今週中に締め切りを迎える。さてもう一踏ん張りと行きたいところだが・・・

 昨夜ちょいと寒気を感じたので、麻黄湯を飲んで早めに寝てしまった。喉の痛みと鼻汁が出始めたので風邪をもらったのだろう。しかし休むに休めないな~~~くそっ

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »