« 印旛沼 | トップページ | 霧の向こう »

2012年10月31日 (水)

4種混合ワクチン

 厚労省の担当者はどう責任をとるつもりなのだろう。

 国は百日咳・ジフテリア・破傷風という怖い疾患から子供たちを守る3種混合ワクチンを止め、新たに不活化ポリオワクチンを合わせた4種混合ワクチンに変更すると通達してきた。これらのワクチンは乳児期早期に罹ると重症化する疾患を予防するためにあるワクチンだ。接種を遅らせるととんでもないことになりうる。11月から4種混合にに切り替えるので、8月生まれ以降の子供は3種ではなく4種でと通達を出してきた。しかし今日の時点で私たちの病院への割り当てはわずか10本・・・次の配布予定は11月初旬が最後で、年内はこれ以上ないらしい!!?知り合いの開業の先生のところはわずか1本だけ。。。

 4種混合を作っている会社は2社。厚労省からのゴーサインが遅く、作るのが間に合わないとのこと。あのね~~今日だけで3種混合ワクチン接種者は10名以上いましたよ。私たちのところだけでね。

 ならば3種混合と不活化ポリオワクチンの併用でと考えるのは当然だ。しかし3種混合はなんとかなっても、不活化ポリオワクチンの会社は4種混合が控えているので、最初から生産量を少なくしている。そりゃそれも当然のこと。世界には同じ不活化ポリオワクチンがたくさんあるのだが、日本仕様(ラベル、刻印)にしたものは当初の予定人数分しかない。数ヶ月前からポリオワクチンの接種控えが起こっていたことを考えても、ここで野生株のポリオが海外から輸入されたらと考えると恐ろしい。

 この混乱をすべて現場に押しつけるのかい?ええかげんにせい!

|

« 印旛沼 | トップページ | 霧の向こう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 印旛沼 | トップページ | 霧の向こう »