« 何よりも | トップページ | 漕ぎ出したい »

2012年9月19日 (水)

腹をくくれる人物

 日本帝国主義と叫ぶ輩を見るにつけ、中国共産党が解体されない限り彼らとわかり合える日など自分の生きている間には来ないだろうと思う他ない。韓国にしても中国にしても、物質的には豊かになったが、まだ戦時中なのだ。まあそれに対して日本はアメリカの準1州(あるいは植民地?)でしかなく、独立国ではないので大した変わりはないのだが。

 独立国家として立国するため、世界で認められるためには、世界標準に尺度を合わせないといけないと日本人は明治維新後常に思ってきた。しかし彼らにはその感覚が欠如しているように思えてならない。経済活動しかり、オリンピックを含むスポーツ活動しかり。だからこそ感情のまま行動する。彼らに理を説いたところで屁の突っ張りにもならない。

 中国人の考え方については加藤嘉一氏の書を読むと理解しやすい。今回の騒動で氏は積極的に動いてくれているようだが、今は振り上げた拳を下ろさせることなど容易ではない。何より面子を重んじるため売られた喧嘩は絶対に買うのが彼らの習わしだ。既に民間交流による状況改善を目指す段階ではない。日中国交正常化に尽力した両国の政治家がそうであったように、今回も政治判断として落としどころをきちんと交渉し、お互いに拳を下ろす検討をしなくてはならない。しかし現政府にこれを行うことの出来る人物は残念ながら見当たらない。

 早急に選挙を行い、国の代表を替えなくてはならないだろう。この難局に腹をくくって政治判断できる人物が誰なのか。私は石破氏か安倍氏を押したい。

 このまま現政府が続けば、尖閣諸島は竹島のように乗っ取られるか、戦争になる可能性が高い。事は急を有する。野田総理には、せめてこれくらいの政治判断をしてほしい。求心力を完全に失った民主党に出来ることはそこだろう。

 後はこの暴動が誰の指図で、どんな謀の元に行われたかで様相は変わってくるだろう。先程のニュースでは沈静化に向けて当局が動き始めたらしいとの報道がなされていた。中国当局の面子を考えると拳を下ろす訳にはいかないだろう。それを下ろすとなるとよほど共産党の弱体化が進んでいるのか、民主化のうねりが強いのか、はたまたただ誰かのパフォーマンスだったのか。。。いずれにせよ日本は自国の行く末を考える体制を整えなくてはならない。

|

« 何よりも | トップページ | 漕ぎ出したい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何よりも | トップページ | 漕ぎ出したい »