« 走っちゃったぜ | トップページ | 学会参加 »

2012年6月27日 (水)

なんだかな~

 瓦礫の受け入れを自治体が表明しても「担当者と差し違えても家族を守る」と凄む輩がいるらしい。そんなに心配なら海外に移住すればよいだろう。殺人を犯す必要もなく、人を困らせることもない。日本の国に住んでいて、国に守られていて、同胞が困っているときに手を差し伸べられなくてどうするというのか。まさか腕に絆とかって刺青入ってないよね?

 校庭の表土は放射線で汚染されているから土を取り除けと凄んだ連中がたくさんいたが、先日の運動会で校庭の隅にブルーシートで覆われた一角が台地として存在した。表土を剥がしたところまでは出来たが、捨て場がないから放置とのこと。知って知らずかこのブルーシートの廻りにテントを張って子供達を迎える家族の多いこと多いこと。私ですか?いつも築山の向こうに陣取っており、このブルーシート台地とは反対側に当たります。今年も問題なくそこでシートを広げておりましたが何か?

 街頭インタビューで何に使われるのかハッキリしないので、増税反対とのたまう方の多いこと。本当に判らないのだろうか?借金は返さないとダメだろうし、少子高齢化で社会保障費など風前の灯火だ。大震災の復興はどうするの?おまけに原発止めるならエネルギーをどう確保するの?石油や天然ガスなどエネルギーを買うならお金が要るし、新しく作る方法を探るにも金が掛かるだろう。

 実際に国はものすごい額の借金をしている。民主党は無駄を省けばお金は湧いて出ると言ったけど、湧いて出るどことか借金を増やすしかできない。埋蔵金もあると叫んでたが、どこにもあるはずがない。あるのは借金だけ。国民に国債を買ってもらっているだけなら棒引きも無茶ではないだろうが、海外の人や国がこいつを買っている。彼らから返せと言われれば、返さなくてはならないだろう。幸い日本国債は国民がそのほとんどを買っているので、国民の純資産より国債総額が少なければ棒引きも可能だ。しかしおそらくあと10年でこいつが逆転するだろうとの予測があり、国際通貨基金はこの状況から消費税15%は避けられないと提言している。段階的にでも消費税を上げられないならば、日本も信用できない不良債権国家と見なされ、アイスランドやギリシャなどと同じような扱いを受けることになるだろう。

 ちなみに10年以上前にオーストラリアでは途方もない額の赤字国債があった。彼らには埋蔵金ではなく埋蔵地下資源があったし、社会保障を犠牲にすることや消費税等で乗り切り、今では赤字国債をほとんど持たない超優良国家となれた。日本も消費税を上げないなら、急激な右肩上がりとなっている社会保障費を削るしかない。例えば医療費の負担額を8割にするとか。また公務員を今の10%まで減らすとかすればなんとかなるかもしれない。いっそそうして経済の論理の元、国のすべてを賄ってもらうとよい。モラルとか24時間拘束とかそんなことは届かないところで。

 そう思っていたら東電は国の機関になるのだそうだ。あれを公務にしてどうすんねん。それこそ無駄の温床だ。

 そんな状況でマニフェストに書いてないから増税反対と気勢を上げる輩が現れた。あんたたちのマニフェストのどこに正解が書かれていたというのか?耳障りの良いことだけ並べて、9月には行われるだろう総選挙で議員バッチを確保したいというだけの票集め議員が誰なのかよく判る行動だ。まあ彼らの親玉は自分を議員にしてくれた故郷に後ろ足で砂を掛けまくった輩だ。次の選挙ではしっかり落ちてもらうのが筋だろう。

 なんだかんだ言っても、この清潔で四季のある美しい日本が大好きだ。だから私はこの国を信じたいし、大事にしたい。増税結構、それで国が守れるなら一番。一人一人自分は国に何が出来るか考えて行こうよ。それが必要な時でしょう。国にねだるのはもう終わり。

 

|

« 走っちゃったぜ | トップページ | 学会参加 »

コメント

国債も中国がすでに18兆円買ってるそうですよ。日本の国土も買われてるそうでちょっと心配。
増税もすべて国庫へ入るとはいかないみたいで…。心配はたえません。電力会社の株主総会も驚く結果だし。この国はどうなって行くのでしょうね。憂うばかりです。

投稿: ポット | 2012年6月28日 (木) 03時36分

ポットさん

 財政赤字カウンターhttp://www.kh-web.org/fin/によると1200兆円の赤字があるようです。18兆は微々たるものかもしれません。それでも国土を買われているのは間違いなく、金さえくれれば誰でも売るっていう姿勢は批判されるべきでしょう。

 電力会社は今何を言っても叩かれる空気の中にあるため、不憫と思っております。全てを彼らに押しつけるのは間違いです。原発を地方に追いやり、電力を際限なく使った生活をしている我々に彼らを責める資格などないと思っています。

投稿: クーデルムーデル | 2012年7月 2日 (月) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 走っちゃったぜ | トップページ | 学会参加 »