« フットサル | トップページ | 雲の中 »

2012年5月16日 (水)

3歳児健診

 市の3歳健診を担当した。基本的に健診は元気な子供達を診るので楽しい。私はいつも遊び感覚なので、型どおり健診する先生たちからするとなんじゃそりゃかもしれないが。

 それでも診るべき所を見逃してはそりゃ本末転倒。3歳となれば、これまで健診を何度も受けてきており、そこで指摘されないことがあるとするならば、おそらく発達という点が大きなポイントだと認識しているから遊びを取り入れているのだ。ジャンプやバランスをとらせながら、いつも遊んでいる友達や保育園の先生達の様子を聞き出す。いろんな反応をするから子供は面白い。

 今日は生後4ヶ月以降全く健診を受けておらず、母子手帳も真っ白でなんの記載もないという子供がいた。びっくりしたが、予防接種はまずまず行えていた。いきなり怒ってもお母さんには届かないだろう、これまで診るべきだった器質的問題を含めて全身くまなく診察しながら、お母さんがちゃんと覚えている間はよいけれど、この子が大人になった時、一人で暮らし始めてからこの手帳が生きてくるよと話始めた。成長発達の記録、予防接種や罹患した病気の記録、それらはこの子が生きてきた証であり、愛情を注がれて育った証なのだ。是非覚えているだけでもいいから書いてあげて欲しいとお話した。

 でもね、毎回思うことだが、この健診って医者が本当に必要だろうか?これくらいのこと保健師さん達が出来なくてどうするのだろう。異常かなと思ったら受診させるだけで全く問題なく出来ると思うのだが。医者に払う人件費を考えても無駄が多いのではなかろうか。国の方針と言われれば仕方ないのだが、保健師も資格を得ているわけだから、なんでも医者にさせるってのも芸がないと思うぞ。

|

« フットサル | トップページ | 雲の中 »

コメント

先生お久しぶりです^^;
娘は保健師ですが・・・ムリだと思いますbearing

投稿: あぐねす | 2012年5月22日 (火) 23時37分

アグネスさん

いやいや、それだけの能力はあると思いますよ。

投稿: クーデルムーデル | 2012年5月23日 (水) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フットサル | トップページ | 雲の中 »