« ギリギリ人だ | トップページ | 講話 »

2012年2月 1日 (水)

マイコなのに

 マイコプラズマ感染の基本はセルフリミテッド、つまり放っておいても自力で治る疾患だ。確かに時間はかかるし、他へ移すという欠点はあるけれども。だからといって抗菌剤を滅多矢鱈と使って良いという訳ではない。オ○ックスとかミノ○イ△ンなんていう薬は、少なくとも小児で使うべきではない。

 先月ある小児科雑誌でマイコに後者の抗菌剤を投与して良好な経過を得たという論文が掲載されていた。それでなのかは定かでないが、今日拝見した女の子は、まだ6歳にもかかわらず何度も他院で後者の抗菌剤が使用されていた。副作用のことも聞かされないで。

 マイコは気管支の壁を伝い広がって、抗原抗体反応によって全身症状を起こすものだ。殺菌をしなくとも、ある程度の静菌を図ってしまえば、あとは自力に任せるか、ステロイドを数日使うだけでよくなってしまう。ステロイドの副作用はこの数日で出るものではなく、しかも後に残ることもない。

 私たちの施設では症例数が全く足らない。感染症専門家がもっと声を挙げてくれるとよいのだが。

|

« ギリギリ人だ | トップページ | 講話 »

コメント

ウチの若いのが今書いています.
元気であればステロイドも使っていません.
5日以上発熱が続くマイコプラズマは抗生剤の問題ではありません.しかし,その辺のタイミングで薬を使うと「効いた」と勘違いするのでしょうね.病態を考えれば判りそうなものなのに…

投稿: Diabo com Fome | 2012年2月 2日 (木) 11時04分

Diabo com Fomeさん

 そうでしたか。是非お願い致します。うちの場合、重篤な症例が数例しかありません。これでものを言うのはちょっとと思っておりました。

 もちろん低酸素、多呼吸のあるもの以外にステロイドは使用しません。発熱が続いても、上記がなければ経過観察のみで自然軽快しています。後者だけなら結構いるので、そのうち書けよと、うちの若いのにも言っていたところです。

 昔マイコで空洞形成した症例を経験し、先輩に言われるままMINO投与した症例を論文投稿したことがありました。自戒を込めてこの題目を掲げた次第です。

 

投稿: クーデルムーデル | 2012年2月 2日 (木) 13時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギリギリ人だ | トップページ | 講話 »