« 結婚式 | トップページ | 講義は疲れる »

2011年10月24日 (月)

フランスは判らん

 ラグビーワールドカップは開催国ニュージーランドの優勝で終わった。世界最高の司令塔と言われたダン・カーターを怪我で欠いても、キャプテンマコーも怪我で本調子でなくても、スタンドオフが4番手になっても最後まで粘り強くしたたかだったニュージーランドは優勝国にふさわしい。そのチームに予選でいいところ無く破れ、トンガにも惜敗し、14人のウェールズにもヘロヘロにさせられたフランスが、決勝戦は堂々と、しかもニュージーランドを圧倒する素晴らしいラグビーを展開してくれた。

 正直15人のウェールズならフランスに勝っていただろうと思っていたので、ニュージーランドには完膚無きまでに叩き潰されることを期待していた。ごめんなさい。

 楽しかったラグビーの祭典が終わってしまったことに、自分でも驚くほど落胆している。次回大会、出来ればイングランドで生ウェールズを観てみたい。そしてウェールズに足を運んで彼らの国を感じてみたい。

 いやはや素晴らしい時間をありがとう。ラグビー、ホント熱くなるぜぃ。

|

« 結婚式 | トップページ | 講義は疲れる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結婚式 | トップページ | 講義は疲れる »