« 若くて優秀 | トップページ | 冬の使者 »

2011年10月31日 (月)

つまらん

 一日置かないと冷静になれなかった。言わずもがな、ナビスコカップ決勝アントラーズ戦である。

 序盤から良いように組み立てられ、時折見せる個人の突破でしか敵ゴールをおびやかすことは出来なかった。直樹と柏木の距離感がうまくいかず、どうもバタバタした印象。梅崎はこのところの好調さそのもので、今日のキーマンは彼か。対するアントラーズも大したことなく、怖さを全く感じなかった。特に小笠原の出来が無茶苦茶で、見ていて痛々しいくらいだった。

 それにしてもレフェリーの判断には最初から疑問しか浮かばなかった。手で引っ張ったらどの場面でもイエローってそりゃないでしょう。笛だけならわからないでもないが・・・そう思っていたら、直樹がひっかかった。2枚目でレッドだ・・・彼がいなけりゃ並のチーム。気力で頑張るしかない。本当に選手は頑張って、アントラーズを封じてくれた。迫力のない攻撃とは言え、あれだけサンドバッグになりながらよく耐えた、あっぱれ!と思っていたら、敵も2枚目のイエローで退場者が出た。おいおい、どこがイエローなんだそれ・・・

 きっと両チームのサポーターでなければ見向きもしないだろうなという試合が続く。頼みの原口も足がつっている。興椋が仕掛けた、危ない!

 堀さん、今回はだめだったけど、信じてるぜ。We are Red's.

|

« 若くて優秀 | トップページ | 冬の使者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 若くて優秀 | トップページ | 冬の使者 »