« 原子力 | トップページ | 懐かしき声 »

2011年10月 2日 (日)

心震えるラグビーワールドカップ

 9月の半ばからニュージーランドでラグビーワールドカップが開催されている。日本代表が一勝もできず敗退したので、スポーツ用品店からラグビーワールドカップの旗が撤去されているようだが、強豪国の熱い戦いは白熱の度合いを増している。

 開催国のニュージーランドの強さは別格のように見える。予選リーグのAグループはあまりに強さに差がありすぎ、彼らの強さがいかばかりなのか計りづらい。彼らより心を打つ戦いを見せて混戦を勝ち上がってきているチームがある。アイルランドとウェールズだ。どちらも本当に『One for All、All for One』を80分貫き通し甲乙付けがたい。彼らの試合を見ていると、知らず知らずの内に拳を握りしめ、テレビ画面に対し前のめりになっている。面白い。

 しかしこんなに心震える試合の中継が地上波では全くない。BSでも見掛けない。幸いケーブルテレビで全試合観られる環境にあるので、録画してでも観ているが、もったいない話だ。次々回大会は日本で開催されるのだが、こういった試合の放送無くしてラグビー少年は育たず、ホスト国としてのホスピタリティーを発揮すべき人材育成もできないだろう。ふう・・・

 来週から週末は強豪国による準々決勝が始まる。毎週末にスペシャルマッチが目白押しなので、観られる環境にある人は是非ご覧アレ。

 

|

« 原子力 | トップページ | 懐かしき声 »

コメント

ラグビーのW杯は初めて真面目に見ています.(これまではチラ見しかしてない…)
面白いですね.男に残された最後の聖地を噛みしめています.

投稿: Diabo com Fome | 2011年10月 2日 (日) 15時23分

Diabo com Fomeさん

 今回は子供達が一緒に観てくれるので楽しさ倍増です。生き様を語るにも良いんですよね。

 また3大会前のロムー、前々回のウィルキンソン、前回大会のバハマなど煌めくスター選手を思い出しながら観るのも格別です。

投稿: クーデルムーデル | 2011年10月 2日 (日) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原子力 | トップページ | 懐かしき声 »