« 厳しいでしょうが | トップページ | 製品説明会 »

2011年9月 1日 (木)

試験

 何かにつけ試験は避けて通れないものだった。医者になったらもう無いかと思っていたら、専門医試験はあるし、AHAが主催していたACLSの試験を受けさせられたし、院生の試験だなんだといろいろ待っていた。決して厳しいものではないが、人から審査されるというのはあまり気持ちの良いものではない。もちろん後から振り返ると面白かったというものばかりだが。

 今週末、小児科の専門医試験がある。私はもう十数年前に受けたものだが、うちに来ている若い医者が受けるため日々勉強している。眉間にしわを寄せながらこんなことまで問われるんですかと、専門書を持ってやってくる。知っていて悪いものは何一つ無く、知識が備わればそれは日々の診療に於いて血となり肉となって生きてくるわけで、優しく微笑んで頑張れと声を掛けるのみなのだが。

 さあ新入院の患者さんも来たよ。参考書は横に置いて、診断・治療に取り掛かろう。その積み重ねこそが専門医として必要なすべてなんだから。

|

« 厳しいでしょうが | トップページ | 製品説明会 »

コメント

自主的に勉強するのが一番なんでしょうけど、自分に甘い私は、強制されないと勉強しなかったりするので、試験は歓迎です。

投稿: ポリ | 2011年9月 6日 (火) 14時18分

ポリさん

 無事終わって清々しい顔してます。

 ポリさんは毎日大変ですね。だってご自宅へ帰ったら厳しい女性達の目で毎日試験(あっ試練か・・・)を課せられているみたいなものですからね。うちは男ドあほう4兄弟で荒れ果ててます。

投稿: クーデルムーデル | 2011年9月 6日 (火) 17時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 厳しいでしょうが | トップページ | 製品説明会 »