« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月29日 (木)

原子力

 子供の頃読んだ本に、太陽のエネルギーは核融合によると書いてあり、ええっと原子爆弾とどう違うんだろうって考え、調べた。原子爆弾はウランやプルトニウムなどの核分裂を利用していて、核融合は水素とヘリウムを利用する。現存する原子爆弾のエネルギーなど太陽の核融合反応に比べればちっぽけなエネルギー発生に過ぎないと知り、自然界の神秘に胸を躍らせたものだった。

 実は核分裂はウランなどに臨界質量なるものが存在し、ある程度の質量を持ってしまうと勝手に臨界を起こして分裂してしまうので、巨大なものが作れないからエネルギー発生として核融合より少なく見積もられる。これに対し核融合反応は理論上制限などない。しかしとてつもない高温高圧下でしかも水素やヘリウムといった軽い原子を高速でぶつける必要がある。こいつが無茶苦茶難しい。後者は核廃棄物も出さないから人類の未来はこの反応を制御することにかかっているのだと思っていた。

 それから30年。未だ人類は核融合を制御するに到っていない(核融合を起こすことは出来た)。それでも核分裂を制御する方法を考えだし、核廃棄物の処理も工夫しているのだから凄いことだと思っていた。もちろん万が一の危険性はどうしても残るので、都会には作れないよなと思っていた。

 今回の福島での事故はとても悲しく、辛い出来事だった。あってはならないことと言いたいが、自然の驚異は人類の想像など簡単に打ち破るのだ。そんなことはない、津波は1000年に一度の割合で襲ってきていたのだから予想できたはずだと言う人達がいる。ならば富士山や浅間山の噴火も遠くない将来あるだろうが、それに対応することが出来るだろうか。地球に衝突する巨大隕石も予想できる自然現象だが、それに対応できる施設がどれだけあるだろう。

 人類は様々なことを克服してきた。より便利な世界、より暮らしやすい社会を作るべく技術を磨き、科学を創造し、改善を重ねてきた。今回の事故も克服しなければならない。おそらく出来るはずだ。原子力利用は諸刃の剣であることを身をもって知った我々は、それでも原子力という技術を捨てるべきなのだろうか。宇宙から見下ろす日本列島は、他国と明らかに違い、列島の形が鮮明に浮かび上がるほど灯されている。それがよい事かは別として、この日本の生活・経済・創造力を支えてくれる電力を得るために原子力以外の方法だけで賄えるものだろうか。この被害を見て、現在そして未来の人達へ放射性廃棄物という負の遺産を残すべきではないという意見ももちろん良くわかる。だが冷静に電力をどうやって得るというのか考えることも必要ではないだろうか。それも現在の話と未来の話をしっかり見渡しながら話すべき最重要問題だと思う。

 その意味で世論調査で98%の人が原発反対と言っているという報道には薄ら寒さを覚える。どっちかに揺れまくる国民性の表れなのか、それとも世論誘導が行われた賜なのか。冷静な判断を持とう。

 ちなみにセシウムがなぜ普通の土壌からも極微量に検出されるかというと、長崎・広島で現実に原爆を投下され、その上世界中で核兵器実験が行われたために相違ない。それに対してなんにも口撃しないのもどうかと・・・

| | コメント (0)

2011年9月25日 (日)

中国でポリオ流行

お隣の国でポリオが流行しているらしい。パキスタンからの野性株とのこと。日本に上陸する可能性もあるので、出来るだけ早くワクチンを接種することをお勧めしたい。こうなったら早い方が良い。生ポリオワクチンでも良いから抗体をつけるべきだろう。不活化を2回接種終了していれば慌てる必要はない。

| | コメント (0)

2011年9月20日 (火)

騒動

 とある幼稚園が保護者の言動に困っている。放射線被曝に敏感で、やれ園庭で遊ばせるな、小松菜やほうれん草は食べさせるな、ホットスポットで遊ばせるとはどういうことかと毎日詰め寄ってくるらしい。それも子供達の前で自分の子供に「今日は1時間だけしか外へ出ちゃダメだぞ。」とか「食べちゃいけないものはわかっているな。」とか言ってしまうのだとか。おまけにその子も「今日は砂でみんなは遊んだんだよ。ダメだね。みんな死んじゃうよね。」とか「園のお水は飲まなかったよ。みんな飲むんだよ。みんな死んじゃうね。」と言うのだそうだ。

 どうも医療関係者の家庭だそうでガッカリだ。知り合いを通じてなんとか出来る方法はないかと問い合わせがあったのだが、何を言っても届く家庭ではないだろう。だいたいそこまで言うなら園に大事な子供を預けなければよいのに。

 最近は様々な海外雑誌で福島はどうするべきかという議論がなされている。すべてに目を通している訳ではないが、医療者にもいろんな意見があるものだと思いながら眺めている。ここで是非紹介しておきたいのは、Lancetというとても権威のある学術雑誌に昨年述べられていた記事である。

「不必要な被爆はできるだけ避けるという方針に間違いはない。それは医療としての放射線も含めて言えることである。しかし今までの原子力による事故を検証する限り、急性放射線障害と子供達の甲状腺への影響を除くと、人体への影響は激しくない。特に遺伝子に傷がついて奇形を含め異常が発生するなどの報告も、100km以上離れた地域でも日常生活を普段通りに行ってはならないという主張にも根拠はない。放射線による人体への影響よりもむしろ、見えない敵に対する不安やいらだち、これに伴う飲酒などの方がよほど人体への影響は大きいと言える。(筆者要約)」

 さて皆さんはどう考えますか。

 

 

| | コメント (4)

虫の音のせい?

 毎年というわけではないが、虫の音が夜風に混じる季節になると、どうもいろいろと考えてしまう。

 夏の熱帯夜にうなされていた自分が我を取り戻したからかもしれないが、ちと今年はよろしくないかもしれぬ。

 現職場外で大きな仕事を抱えているのであるが、自らの職場での立ち位置がとても不安定であり、どうにも納得がいかない。愛着はあるのだが、義理があるわけでもなし、さっさと別の職場を考えてもよいのだと思うようになってしまった。自分が何者なのか?もう40半ばであり、そろそろ決着をつけなくてはならない時期に来ているのだろう。

 虫の音を聞きながらあれこれと考えていたら、ひょんなところから誘いが入った。この舟に乗るべきかどうか、思案中だ。自分の可能性を試すなら乗るべきかもしれない。ただお世話になった人達との関係を考えるとどうするのがよいか迷うところだ。家族のことを考えると動くべきではない。さてどうしたものか。

 こんなことを考えていられるのも平和だからに他ならない。こう御託を並べている最中に友人がとんでもない症例をいくつも抱えているとFBで訴えてきた。さて私は何のために此処にいるのだろうかと、改めて問うて見た。そう私はここに小児の腎臓の拠点病院を作るべくやってきたのだった。特にこの5年はしっかりした診療が出来ていると自負している。しかし外部環境が随分と変わり、腎疾患患者を集中させる環境は既にない。内部環境も様々な軋轢を生み始めていると自分は感じている。ならば・・・

 医者になって20年を迎える今、思案のしどころだ。心地よい虫の音と風に身をゆだねながら、しっかりと考えてみよう。

| | コメント (3)

2011年9月11日 (日)

週末は

週末は
9月の週末はすべてびっしり埋まっている。昨日から横浜で線維筋痛症学会、おまけに小児科学会千葉地方会も開催され、移動が大変。

| | コメント (2)

2011年9月 6日 (火)

こりゃアカン

 習志野の自衛隊員の息子が総理大臣になり、肝の据わった政治を始めるのかと思いきや、とんでもないことになっている。幹事長に輿石(日教組のドン)、政調会長に前原(外国人から資金提供)、そして政調会長代行?に仙谷(言わずとしれた中共の弁士)・・・おまけに党議拘束でこの3人を経由しないとすべてのことが進まないとのこと。日本?お前はもう終わってる。中国の一州としての道を歩みなさいと言っているようなものだ。

 防衛大臣には「私は防衛の素人。素人が軍をとりまとめることこそシビリアンコントロール。」とアホ丸出しの輩が立ち、厚労省トップには外国人参政権付与を強く薦める筋金入りの左派女性議員が立った。前者は自衛隊員の士気を一気に下げ、後者は朝鮮こそ我が祖国という信念のもと目に見える改革を進めようと派手な行動に出ている。

 この野田政権支持率59%だって?

 政府が無茶なら、地方も苦茶。不活化ポリオワクチン接種を助成したいと公言する知事や区長がチラホラ。それでいて接種する医療機関の整備は現場任せ、ワクチンを輸入するのも現場任せ、おまけにワクチンによる副反応への対応なんて国が承認していないから知らないとのこと・・・バカにするのもいいかげんにせい。一般市民へ耳障りの良いパフォーマンスを政治とは呼ばず、票集めと呼ぶ。

 これが日本か・・・悲しくなるぜ。

| | コメント (2)

2011年9月 4日 (日)

ガイドライン改訂委員会

ガイドライン改訂委員会
 CKD診療ガイドラインの改訂委員会に参加した。蒼々たるメンバーの中、私など場違い甚だしいのではあるが。それにしてもいい勉強の機会を与えていただき、感謝している。

| | コメント (0)

2011年9月 3日 (土)

製品説明会

製品説明会
都内の大きなホテルで行われている製品説明会。来たくもなかったがしがらみで座っている。全国から小児科医を集めているらしく、交通費も会社もち。残念ながらもらったタクシーチケットをなくしてしまったが、これだけ大きいと怪しい臭いプンプンだ。皿まで喰うべきか…

| | コメント (3)

2011年9月 1日 (木)

試験

 何かにつけ試験は避けて通れないものだった。医者になったらもう無いかと思っていたら、専門医試験はあるし、AHAが主催していたACLSの試験を受けさせられたし、院生の試験だなんだといろいろ待っていた。決して厳しいものではないが、人から審査されるというのはあまり気持ちの良いものではない。もちろん後から振り返ると面白かったというものばかりだが。

 今週末、小児科の専門医試験がある。私はもう十数年前に受けたものだが、うちに来ている若い医者が受けるため日々勉強している。眉間にしわを寄せながらこんなことまで問われるんですかと、専門書を持ってやってくる。知っていて悪いものは何一つ無く、知識が備わればそれは日々の診療に於いて血となり肉となって生きてくるわけで、優しく微笑んで頑張れと声を掛けるのみなのだが。

 さあ新入院の患者さんも来たよ。参考書は横に置いて、診断・治療に取り掛かろう。その積み重ねこそが専門医として必要なすべてなんだから。

| | コメント (2)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »