« ライスシャワー | トップページ | マーケットの評価 »

2011年8月 7日 (日)

オーレ

 啓太のパスが雑で怒鳴っていた。前半はフワフワしたどうしようもないサッカーだった。点を取られて当然。そう思っていたらあっけなく2点取られた。

 後半は眼の色が変わった。距離が近くなり、パスで崩せるようになった。勢いはうちのもの。勝ちゲームと思っていたら、相手へのPKジャッジ。一体どこがどうでファウルなのか教えて欲しい。もしあれをファウルというならば、後半終了間際の原口を倒したところもファウルだろう。いや後者は足が原口にかかっているが、PKと言われたものにはまったくかかっていない。見えないものをジャッジしてはいけない。この試合のレフェリーは見えないところを選手のその後のアピールで判断していた。これじゃあ試合にならない。

|

« ライスシャワー | トップページ | マーケットの評価 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ライスシャワー | トップページ | マーケットの評価 »