« 地元の高校生 | トップページ | 厳しいでしょうが »

2011年8月30日 (火)

どんな人物だろう

 民主党がつぶやいてきた耳障りの良いことは皆嘘だらけということは周知の事実となった。気がつけばここまで3年も経ってしまっていて、日本ものっぴきならないところまで来てしまった感がある。日本の屋台骨を支えてきた官僚が、民主党の政治主導というまやかしのためにやる気と本物のノウハウをズタズタに引き裂かれ、捨て置かれている。彼らの能力を発揮させない限り、日本は正常に機能しないだろう。その観点から誰が民主党の党首になろうが、行き先は暗い。

 野田前財務大臣が党首に選ばれ、首相となった。彼の能力がどうなのか定かなところは知らない。しかし世界に冠たる経済大国の財相としてこのたびの経済不安へ彼がとった行動はどうだったろう。なんらハッキリした方針を示すことなく、動向を見定めると話すに留まったことを覚えている方は多いはずだ。まあ各国首脳がホットラインで意見交換している時に全く相手にされなかった韓・・いや勘・・もといアカン・・に比べれば存在感はあったのかもしれないが。

 それにしても前首相の総理大臣最後の発言には本当に憤りを感じた。この期に及んで朝鮮学校の無料化を指示したのだ。これまでもたびたび指摘してきたが、これほどまでとは恐れ入った。即刻日本の議員バッジを外してもらいたい。外国人からの献金で議員活動をしているのは彼だけではない。今回当選しなくて当たり前だが、前原某も議員バッジを付ける資格はない。

 民主党党首の選挙では性懲りもなく小沢氏が取りざたされていたが、いくら子分をたくさん引き連れていようが、大災害に見舞われた地元を見捨てる輩を親分とは呼ばない。ケツをまくる本物が少なすぎる民主党にやはり未来はない。

 これ以上壊されてしまうと、自民党が政権を取り返したとしても官僚を正常に働かせることは難しいだろう。強烈な個性を持った人物も少なくなってしまったし、面白い人物が石破さんくらいしか見当たらない。これでは政権運営などうまくいかないだろう。困ったものだ。。。

|

« 地元の高校生 | トップページ | 厳しいでしょうが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地元の高校生 | トップページ | 厳しいでしょうが »