« 脱帽 | トップページ | HPVワクチン »

2011年5月29日 (日)

子供扱い

 早朝に行われたヨーロッパチャンピオンズリーグ決勝。今年はバルセロナとマンチェスターユナイテッドという現欧州クラブチームの双璧同志の戦いとなった。両チームの実力は折り紙付きで、バルセロナはもちろんマンチェスターも相当やるだろうと思っていた。最初の数十分はそうだった。しかし・・・

 バルセロナはマンチェスターにボールを触らせることすらさせなかった。まるで兵隊と赤ん坊のような、それくらいどうしようもない差がそこにはあった。最初は歓声を挙げてバルセロナのボールさばきを観ていたが、あまりの違いに声が出なくなってしまった。

 もちろんどんな時でもバルセロナが勝つというわけではない。実際スペインリーグなどでバルセロナ相手に勝ち名乗りを上げるチームは存在する。しかし途方もない次元に彼らがいることも事実だ。

|

« 脱帽 | トップページ | HPVワクチン »

コメント

マンUが勝つにはあの方法しかなかったでしょうね.頭から飛ばして先制し,後は守る.攻撃はルーニーのカウンターだけ.その前半をイーブンで折り返した時点でマンUの勝ちはほぼなくなったと思いました.
しかし,近年まれに見る面白い決勝でしたね.(UEFAチャンピオンズリーグは準決が面白いけど決勝はつまらない年が続いていましたから)

投稿: Diabo com Fome | 2011年5月31日 (火) 10時11分

Diabo com Fomeさん

 もちろん面白かったですよ。マンUのセンターがもう少し動けたらもっとよかった。後半中に絞っていたパクチソンが疲れ切って肩で息してましたからね。

 チチャリートも完全に飲まれてましたね。よくファーガソンが彼を最後まで使ったものだと思いました。

投稿: クーデルムーデル | 2011年5月31日 (火) 13時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 脱帽 | トップページ | HPVワクチン »