« 子供扱い | トップページ | 不活化ポリオワクチン その2 »

2011年5月31日 (火)

HPVワクチン

 ガーダシルというHPVワクチンが承認された。早ければ今年度中に接種可能となる。日本ではHPVワクチンとしてサーバリックスの名前が周知されている。しかも女の子用として接種が奨励されている。さてどう違うのか。

 一番違うのはHPVの型である。サーバリックスは2つの型をガーダシルは4つの型を対象に抵抗力を獲得させるために作られている。後者には前者の2つの型に加えて男性にとっても悩ましい尖圭コンジローマを起こす型が入っている。後者を男性に勧めるのはこのためだ。えっ、それじゃあ後者だけでいいじゃないかって?う~~んそれが難しいところ。金額や製薬会社が違うっていう大人の理由もあるけれど、製法が違うので効果が少し違うという話しがある。特に抵抗力の持続期間が前者の方がよいという報告があるのだ。

 もちろん前者も男性が打って問題ないし、むしろパートナーに対しての思いやりという点では打つべきだろう。HPV感染を防ぎ、パートナーを守るのだから当然とも言える。

 

 いずれにせよガーダシルが承認されたことにより男女の区別無くワクチンの恩恵を受けられる状況が整ったわけで、自治体は女子だけへの助成ではなく男子への接種も検討するよう迫られることになった。さてここからはお金の問題だ。

|

« 子供扱い | トップページ | 不活化ポリオワクチン その2 »

コメント

これ、カリフォルニアでは中学女子が接種を勧められていました(確か義務ではなかったような)。
 
ところで「男子」って何歳までですか?40歳も接種した方がよいものなんですかね?

投稿: ポリ | 2011年6月 1日 (水) 00時34分

ポリさん

 いくつになっても接種できますが、すでに感染しているHPVにはなんの効果もありません。

 HPVはほとんどの場合セックスにより感染するものですから、新規感染の予防を考えるなら、ポリさんにパートナーがたくさんいたり、ポリさんのパートナーに別のパートナーが存在する場合には接種する意味はあると思います。

 いかがでしょう?

投稿: クーデルムーデル | 2011年6月 1日 (水) 08時49分

なるほど。早急に接種の予約をした上で、今後の人生設計について考え直せ、ということですね。
 
接種後、またいろいろ相談に乗ってください (^_^)
 

投稿: ポリ | 2011年6月 1日 (水) 10時04分

ポリさん

 今度の飲み会(6/17)で具体的にお話を聞かせてください。楽しみにしています。

 ところで奥様のブログ、途切れていらっしゃるようですが・・・

投稿: クーデルムーデル | 2011年6月 1日 (水) 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 子供扱い | トップページ | 不活化ポリオワクチン その2 »