« ここは平和です | トップページ | 春うらら »

2011年4月 6日 (水)

痛快

 私は医師会に属していない。その権力意識に胡散臭さを感じてのことだ。病院の部長クラスになると否応なしに入会を強制されているが、幸い私はヒラなので。

 胡散臭さはこんなところでも出てきている。小松秀樹先生がこのたびの震災支援につきコメントしていた医療ガバナンス学会記事。同じ千葉で医療を行う者としてとても恥ずかしく、同時にそれみたことかと思った。どうぞ

|

« ここは平和です | トップページ | 春うらら »

コメント

これ程,権力志向の強い組織はないでしょうね.
地方の部会でも威張っている奴の多いこと.おまけに仕事が出来ない奴ほど威張ってるのが不思議です.
今回の震災で改めてプロの重要性が認識されたと信じたいです.FEMAの様な組織が必要ですね.日本で大災害のプロと言えば自衛隊だけで,消防と警察,海保はセミプロ(今回はそれ以上の仕事を押しつけられているのが可哀想です),次に責任感がありそうなのはボランティアですからね.
政治家には災害対策を任せてはならないと言うのが結論だと思います.彼らは人の不幸を利用する天才ですから.

投稿: Diabo com Fome | 2011年4月 6日 (水) 14時36分

 僕も医師会には所属していません。全くその実態は知らないのですが、そんなに権力意識のある組織なんですか…?
 個人的に思うことは医師会、学会等々の動きは基本的にレスポンスが遅いですよね?小児科学会も震災の数日後にHPに「被災地に行きたい人は下記のアドレスへ」って、行く気のある奴はとっくに行ってます。
 急性期には災害医療、慢性期には感染管理というスペシャリストを送り込むべきで、そういう医師はたぶん医師会には所属していません。
 情けない限りです。

投稿: hidero51 | 2011年4月 6日 (水) 15時14分

Diabo com Fomeさん

 消防も消防庁の特殊訓練を受けた人達はもの凄いんですけどね。組織が小さいですし、自己完結型部隊ではありませんから仕方ないです。

 それより、先生気を付けて頑張ってきて下さい。

投稿: クーデルムーデル | 2011年4月 6日 (水) 16時27分

hidero51さん

 医師会も既に人はチームとして出していますから、レスポンスが遅いとは思っていません。やり口がヤクザだと思うのです。小児科学会のボランティア募集も最初から初期対応ではないと宣言していましたので、それはそれで意味はあるかなと。私もそのために応募しています。

 大災害で初期救急にあたるのは自己完結できる組織でないと困ります。そのため自衛隊を先頭に、日赤や救急医療の専門であるDMATが出向くべきで、他が個別で行っても邪魔になるでしょう。実際に被災地域の中核病院の知り合い何人かへ問い合わせてみたところ、医者一人必要というところはどこもありませんでしたから。

 この後は感染症専門家も必要ですが、精神的ケアや慢性疾患対応の出来る人・物・金が必要になりますね。被災地域が広く、しかも元々不便な過疎地域が多いですから、闇雲に被災地へ注ぎ込んでいくより、被災地そのものを国による整備計画の元作り直すとして、医療を含めて生活できる場所へ移動して戴くのが本筋ではないかと思っています。そんな話しを煮詰めるにせよ、今の政府では出来ない相談と思いますが。

投稿: クーデルムーデル | 2011年4月 6日 (水) 16時42分

こんにちは
ご無沙汰しております。

患者側からみるとお医者様は、みんな医師会に入っているものだと思っていました。
想像していた通りの組織みたいで、
ドラマに出てくるようですね。

印旛沼カヌーうらやましい。
そろそろ僕も手賀沼で漕げるかなぁ。
仕事が落ち着いてきたので。

投稿: tatsu1964 | 2011年4月 6日 (水) 16時44分

tatsu1964さん

 先週はちょっと寒かったです。このところの陽気ならちょうど良いかもしれません。

 地震の被害はありませんでしたか?

投稿: クーデルムーデル | 2011年4月 6日 (水) 21時52分

 そうですね。おっしゃる通りかもしれません。

投稿: hidero51 | 2011年4月 8日 (金) 01時08分

hidero51さん

 かかりつけの患児の親御さん達から、「先生達はいつも人助けしているのだから、こういう時に無理しなくても普段通りにしてくれるだけで皆助かりますよ。」と言っていただいています。それも必要なこととして、慌てず、何が重要で、何が出来るのか、見定めたいと思います。

投稿: クーデルムーデル | 2011年4月 8日 (金) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ここは平和です | トップページ | 春うらら »