« 被爆報道 | トップページ | 地割れ »

2011年3月15日 (火)

卒業に際して

 中学校の卒業式が行なわれた。来ないと予想していた来賓も大勢来て、しかも停電もなく、ごく普通の卒業式となった。ただ来賓の方々は皆大震災に触れて、生きる意味や人の繋がりの大切さを説いていた。子供達にとってとても良い式典だったと思う。

 それにしても知らぬ間に多くの人と出会い、多くの事を学んで来たようだった。この先どんな困難が待ち受けているだろうか。親としては、勿論順風満帆であって欲しいと願うところだが、そうはいくまい。様々な壁もあるだろう。災害に見舞われるかもしれない。それでも生きてゆく、それを感じて欲しい。

 通常通り卒業式を行えたこと、このことに感謝したい。被災された方々へ祈りを捧げるためにも、精一杯生きることを誓おう。

 どうも世の中自粛ムードが漂っており、通常の生活は不謹慎だとする声もあるようだが、それは違う。むしろ自分たちの暮らしをしっかりと行い、彼らを勇気づけるべきだ。普通の人達が彼らを直接的に助けることなど出来はしない。ならば日本の経済の活性化を図り、金を被災地に投入できるようすべきだろう。東北だけでなく関東も今は大混乱を来している。名古屋・大阪・福岡が経済を引っ張り、文化活動を活発化させるべき時ではないか。

 ここまで書いていたら富士山の麓で地震が起きた。プレート関連の地震ではないので、これまでの大震災と直接的な関連はないだろうが、おそらくいろんな歪みが地殻へ起こっているだろう。東日本はかなり危険な地域となってしまったのかもしれない。

|

« 被爆報道 | トップページ | 地割れ »

コメント

先生のおっしゃるとおりだと思います。でもおそらくその理論は我々技術職型の人間にしか通じないかもしれません。

いわゆるマネーゲームに興じている人間にしてみれば、今の日本は金にならない。現に株価は大暴落。
日頃東京ライフを満喫しまくっている、港区周辺の特に外資系は、特別休暇を与え、可能な限り関西地方への避難を命じているそうです。

こういった事態になったとき、我々の業種を含め消防、自衛隊、レスキュー、復興のための技術職は、たとえ己の身に危険が迫っていたとしても、職場を放棄できない覚悟で仕事をしているはずです。

いわゆる文系頭でっかちのの仕事(「紙切れ仕事」と呼んでいますが)はこのような事態になれば仕事も放棄してしまえるのだなと驚くとともに、所詮その程度の仕事かとやや軽蔑しています。そんな連中に

今は非常事態です。技術屋は持てる技術をフルに提供しています。
もし金融業が貢献できるとしたら、自分たちの商品である「金」を送ることでしょう。メーカーですら億単位の寄付をしています。「金」が商品の金融系であれば当然数百億規模の寄付できますよねー(今のところ、銀行系で大きな寄付をした話はないですね)

投稿: おじゃ | 2011年3月16日 (水) 09時12分


ご卒業&進学おめでとうございます。
無事に卒業式ができてよかったですね。

極力冷静に日常生活を過ごし、それが出来ることに感謝しながら過ごそうと思っています。

職場も落ち着かず自分の子供を預けながら仕事に行く友人もいたりして大変な中、自分は家で子供といることが心苦しくもありますが、たまたまそういう時期だったと考え、自分が出来ることを粛々とやっています。

さきほどは、ご近所同士で集まって外で子供を遊ばせていました。
おかげで王子はお昼御飯もそこそこにお昼寝しています・・・地震で揺れても起きません・・・(危)。

投稿: ゆき | 2011年3月16日 (水) 13時40分

おじゃさん

 明日次男の卒業式が終わったら、家族を田舎へ連れて帰ります。

 今の病院では病院の機能を維持するので精一杯なので、なにも出来ません。小児科学会が東北地域への医者の派遣を考えているようですから、それに応募する予定です。ただ応募アドレスへメールしても跳ね返されてしまいます・・・何故だろう?

投稿: クーデルムーデル | 2011年3月17日 (木) 08時41分

ゆきさん

 前回の記事にも書きましたが、基本的に原子力発電所の災害による影響は千葉以南では無いと考えています。核分裂が短い時間に際限なく繰り返されているのでなければ現実的に200km離れていてはあり得ない話でしょう。

 それにしても毎日揺れますね・・・心身共に結構疲れます。津波被害ではないですが、ここ千葉も被災地であると思います。

投稿: クーデルムーデル | 2011年3月17日 (木) 08時47分

お子さんのご卒業おめでとうございます.
感慨深いですね.

先生がご指摘通りだと思います.災害時に忘れられがちなのは非被災者も傷ついていると言うことです.自分が受けた傷を自覚し心許す家族や友人に打ち明けることが有効な対応策だと言われていますが,自覚していないと人心は荒み生活が荒れます.心して普段着の生活を送るべきです.(とは言え飲酒は控えめにしておりますが…)

小児科学会も医師会も窓口になろうとしているみたいですが,一括化しないと機能しないのではないかと懸念しています.
病院に窓口になってもらって学会や医師会に登録してもらってはいかがでしょうか.

投稿: Diabo com Fome | 2011年3月17日 (木) 11時03分

Diabo com Fomeさん

 今日も何人か地震による体調不良の子供達が受診してきました。テレビを極力見せないこと、抱きしめて話しをすること、外で遊ぶことなど薦めております。

 明日は次男の卒業式。これから大規模停電と言われていますので、どうなることやら。

投稿: クーデルムーデル | 2011年3月17日 (木) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 被爆報道 | トップページ | 地割れ »