« ハロー | トップページ | 関東腎研 »

2011年1月14日 (金)

伏線

 アジアカップ、シリア戦は『中東の笛』を目にするかも知れないという気持ちの悪さと時間的な問題から見るのをためらっていた。実際寝付いていたのだが、不思議なことに腹具合が悪くなり、目が覚めてしまった。

 実際に見始めたのは後半の頭から。日本の動きがとても悪いことにやきもきしていた。そこへやはり『中東の笛』が鳴り響いた。GKがレッドカードを受けて退場、同時にPKを決められたのだ。笛はどうみてもおかしい。こんなレフェリングがまかり通っている間は、W杯を開催する地域として不適切だと思っているのだがどうか。

 しかしこのPKには日本の選手3人の失敗が重なっていた。バックパスをした選手(長谷部?)のボールの方向・速さが的確でなかったこと。それを長友選手がキーパーに任せるべきか判断に迷ったこと。キーパー川島がサイドではなく前へボールを蹴ったこと。いずれか一つが欠けていれば起こらなかったPKだ。要は日本側が招いた結果と言える。

 結果のみを評価してどうこう言うだけでは、物事は何も解決しない。それはこのサッカーでも言えることだ。(サッカーはただのスポーツだが、人生の縮図と言われるのがこのあたり)

 医療に於いても、不思議と思える事、何故?と思える事が多々起こる。その伏線を探し当てるのが医者の醍醐味とも言える。さて今日はどんな事象が待っているだろう。出来れば右往左往することなく、的確に判断したいのだが・・・

|

« ハロー | トップページ | 関東腎研 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハロー | トップページ | 関東腎研 »