« サッカーは面白い | トップページ | 裏から手を回すのは良くないが »

2011年1月31日 (月)

眠いまま週は明け

 金曜日に都内で恩師や仲間と飲み、翌朝は大混雑の土曜外来を済ませ、夜中のサッカーを観戦した。日曜は救急当番・・・そして月曜だ。

 サッカーはやはりとても面白かった。何がってザッケローニ監督の采配が一番面白かった。サッカーそのものは韓国戦の方が遥かに見応えがあった。両チームの動きの質が高かったので、そういう試合になったのだろう。オージーもテクニカルではあったが、いかんせんロングボールとこぼれ球狙いのサッカーは、例えそれもサッカーだとしても観ていて面白いものではないから。それにビビっていた訳ではないだろうが、日本はお付き合いさせられて、自らのサッカーを忘れてしまっていた。

 ザックの藤本アウト、岩政インで、今野をサイドへと変更した一手に唸った。代わりに一つ前へ移動した長友の自由度が増し、ロングボールの起点となっていたオージー選手の動きを封じることに成功したのだから。

 今回のアジアカップで最も衝撃を受けたのは、采配の妙だ。欧州リーグを見慣れていて、采配一つでガラッと変わる試合を観てきたとは言え、控えに各国の代表選手達を置くリーグでは、選手の質そのもので変わりうるため、普通のことと考えていた。しかしこう言っては何だが、Jリーグの誰が出てもあまり変わらないだろう持ち駒を一手打つだけで戦況を変えてしまう、しかも連戦でそれを見せつけられれば興奮せずにはいられない。

 Jの監督さん達もたまに「おおっ、この一手できたか!」っていうのを観ることがあるが、それを多くしてくれると更に面白くなるだろうに。まあ似たようなチームが多いので、仕方ないところもあるのだが。

 さて今週もがんばりますかね。

|

« サッカーは面白い | トップページ | 裏から手を回すのは良くないが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サッカーは面白い | トップページ | 裏から手を回すのは良くないが »