« そこに夢はあるか | トップページ | 眠いまま週は明け »

2011年1月26日 (水)

サッカーは面白い

 いまさらながらサッカーは面白いスポーツだと感心してしまった。前半は日本が韓国をズタズタに引裂き、圧倒するサッカーをみることが出来た。10月のフレンドリーマッチでもそうだったので、それみたことかと余裕を持ってみていた。韓国が疲れていたからではないのは後半をみれば一目瞭然。しかしあろうことか、韓国がアンカーを1枚置いただけで日本は手詰まりになってしまった。韓国の監督はしてやったりとほくそ笑んだことだろう。

 前田が孤立し、前線の動きが制限されたことで中盤がもたつき始めると、あっという間に流れは韓国へ。ならば前田から動きのよいFWへスイッチし、2トップを選択すべきではと思っていたら、中盤の細貝をいれてきた。いや、中盤を厚くするのが悪いわけではないが・・・それにしても細貝のポジショニング悪すぎ・・・

 最終的にPK勝ちしたからよかったものの、最後に長谷部と交代して入った本田がやらかしたファウルは戦犯ものだ。両チームで一番フレッシュな選手があそこで振り切られてファウルってあり得ないだろうっていうのもサッカーの一部なわけで。。。

 サッカー日本代表の皆様、堪能致しました。眠う御座いますが、サッカーのためなら本望です。

|

« そこに夢はあるか | トップページ | 眠いまま週は明け »

コメント

ようやく鑑賞に堪えうる試合でした.
遠藤が良かった.

若い選手の状況判断能力は試合でないと育たないから,まだまだこれから伸びシロがあるのかもしれませんが…
しかし日本ってDFの人材が薄いですよね.
これはJ-Leagueで育っていない証拠であり,普段のリーグ戦における試合運営やジャッジングにメッセージがなさ過ぎるのが原因じゃないでしょうか.

投稿: Diabo com Fome | 2011年1月26日 (水) 13時53分

Diabo com Fomeさん

 そりゃやっぱり歴史がないからじゃないですかね。イタリア人の監督さんになってようやくDFがどういうものか、ここから歴史が始まるのかなって思っています。もちろんこれまでも個人としては様々な選手がいましたが。

 でも今野のセンターバック、好きですよ。こなれて自由度が増してきたら、バレージみたいになってくれるんじゃないかって期待して観てます。

投稿: クーデルムーデル | 2011年1月26日 (水) 18時35分

 勝敗はさておき、パク・チソンと長谷部誠のマッチアップと人間性には感心する。

 あの猿真似、何なんでしょうか?同じ民族なのに、誰をサルに揶揄しているのでしょうか…。

投稿: hidero51 | 2011年1月27日 (木) 22時42分

hidero51さん

 パクチソンは本当にいい選手ですね。マンUの試合に出ていれば必ず応援してしまう選手の一人です。日本でも頑張っていた選手なので、日本選手へのリスペクトも持ち合わせていて好感を抱きます。

 サッカー選手すべてが素晴らしい人間性を有しているわけではもちろんありません。それはサポーターも同じです。素晴らしい試合をしたチームには、例え憎らしい敵であっても拍手を送れる人であれと自分にも息子達にも話しています。

投稿: クーデルムーデル | 2011年1月27日 (木) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そこに夢はあるか | トップページ | 眠いまま週は明け »