« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

裏から手を回すのは良くないが

 とある医療サイトでこのような記事があった。病気腎移植で問題となったM医師のその後であるが、この移植での成績を日本の学会で発表しようとしたところ、内容にかかわらず拒否され、海外の学会に投稿したところ、すんなりと受け入れてもらっているとのこと。海外雑誌への論文投稿もなされているのに、日本ではやはり受け入れられない不思議と続き、病気腎移植の正当性を論じている。そして海外ではM医師の報告を受け、小径腎癌腎移植を行う施設が出始めているのに、日本ではその臨床試験を裏で手を回して実施できないようにしむける輩が居ると論じている。

 病理医の立場から他人の癌は移植された人に移ることはないだろう、また移植を受けた人は拒絶反応を抑えるために様々な医療を受けるが癌を抑制する反応は抑えないと述べられている。

 前者に関して私もそうではないかとは思う。しかし根拠はない。癌をすり潰し、他人に与えた記録はあり、それでは癌は移らなかったという報告はある。外から異物が入ってくれば免疫応答で直ちに攻撃を受けるからに他ならない。しかし臓器内に残り、血流もしっかりと保たれ、しかも免疫抑制状態に置かれる中でどうなるのか、それは誰も知らないというのが本当だ。また仮に免疫反応で攻撃できたとして、それによる影響が折角移植した腎臓に何らかの異常を来す(癌化を含む)のでは本末転倒だ。

 後者は免疫抑制剤によりT細胞系の免疫は抑制されるが、NK細胞系の免疫は抑制されないから癌細胞制圧の免疫系は大丈夫というものらしい。それほどクリアカットに説明出来るのであれば、なぜ固形臓器移植後に癌発生率が高くなるという報告が多いのであろうか。

 これらの問題を解決する前に、困っている人がいるからとやってしまうその行為が問題だと思っている。段階を踏まない善意は、その他の多くの人への悪意となりえる行為だ。海外雑誌もその姿勢に疑問を抱く。常日頃から倫理問題にうるさく、倫理委員会を通していない、インフォームドコンセントが文章で確実になされていないなどと難癖をつけて拒否をするのに、一体どういうことなのか。

 最初にトライしたM医師が将来賞賛されることがあるかもしれない。小さな癌をもったままの腎やその他の臓器が平気で移植される時代が来るかも知れない。しかし現在の私達はその姿勢を拒否するべきだ。それは多くの患者さん達のために、そして医療を生体実験の場にしないためにあるべき姿と思う。もし臨床試験をするのであれば、それを実験動物にお願いしてデータを集めることからすべきだ。その上で倫理委員会を経て臨床試験を組むのでなければ認められないのは当然であろう。

 医療者はいろいろと考えるところはあるはずだ。一般の方もこれをどう考えるだろうか。

| | コメント (6)

眠いまま週は明け

 金曜日に都内で恩師や仲間と飲み、翌朝は大混雑の土曜外来を済ませ、夜中のサッカーを観戦した。日曜は救急当番・・・そして月曜だ。

 サッカーはやはりとても面白かった。何がってザッケローニ監督の采配が一番面白かった。サッカーそのものは韓国戦の方が遥かに見応えがあった。両チームの動きの質が高かったので、そういう試合になったのだろう。オージーもテクニカルではあったが、いかんせんロングボールとこぼれ球狙いのサッカーは、例えそれもサッカーだとしても観ていて面白いものではないから。それにビビっていた訳ではないだろうが、日本はお付き合いさせられて、自らのサッカーを忘れてしまっていた。

 ザックの藤本アウト、岩政インで、今野をサイドへと変更した一手に唸った。代わりに一つ前へ移動した長友の自由度が増し、ロングボールの起点となっていたオージー選手の動きを封じることに成功したのだから。

 今回のアジアカップで最も衝撃を受けたのは、采配の妙だ。欧州リーグを見慣れていて、采配一つでガラッと変わる試合を観てきたとは言え、控えに各国の代表選手達を置くリーグでは、選手の質そのもので変わりうるため、普通のことと考えていた。しかしこう言っては何だが、Jリーグの誰が出てもあまり変わらないだろう持ち駒を一手打つだけで戦況を変えてしまう、しかも連戦でそれを見せつけられれば興奮せずにはいられない。

 Jの監督さん達もたまに「おおっ、この一手できたか!」っていうのを観ることがあるが、それを多くしてくれると更に面白くなるだろうに。まあ似たようなチームが多いので、仕方ないところもあるのだが。

 さて今週もがんばりますかね。

| | コメント (0)

2011年1月26日 (水)

サッカーは面白い

 いまさらながらサッカーは面白いスポーツだと感心してしまった。前半は日本が韓国をズタズタに引裂き、圧倒するサッカーをみることが出来た。10月のフレンドリーマッチでもそうだったので、それみたことかと余裕を持ってみていた。韓国が疲れていたからではないのは後半をみれば一目瞭然。しかしあろうことか、韓国がアンカーを1枚置いただけで日本は手詰まりになってしまった。韓国の監督はしてやったりとほくそ笑んだことだろう。

 前田が孤立し、前線の動きが制限されたことで中盤がもたつき始めると、あっという間に流れは韓国へ。ならば前田から動きのよいFWへスイッチし、2トップを選択すべきではと思っていたら、中盤の細貝をいれてきた。いや、中盤を厚くするのが悪いわけではないが・・・それにしても細貝のポジショニング悪すぎ・・・

 最終的にPK勝ちしたからよかったものの、最後に長谷部と交代して入った本田がやらかしたファウルは戦犯ものだ。両チームで一番フレッシュな選手があそこで振り切られてファウルってあり得ないだろうっていうのもサッカーの一部なわけで。。。

 サッカー日本代表の皆様、堪能致しました。眠う御座いますが、サッカーのためなら本望です。

| | コメント (4)

2011年1月25日 (火)

そこに夢はあるか

 女子高生時代から診ている慢性疾患の大学生が昨日来院した。これまでのリクルートスーツではなく、普段着姿であったため、もしやと思い尋ねてみた。就職がやっと決まりましたと笑顔が弾けた。

 半年ほど前からかなり焦りの色が顔に浮かんでいた。自分のやりたいことに固執していると就職先が見つけられないと嘆いていた。聞けばこのたび就職した先も、一般事務の仕事とのこと。でも夢は追うのでしょう?と問うと、今は考えられないとの答えだった。

 好きなことと仕事が一致するならばそれはとてもラッキーだ。大概、仕事は仕事と割り切らなくてはならない。そんなのは皆判っている。でも仕事を真っ正直に突き詰めていくと、それが面白いものに変わることもある。またひょんなことから、道が開けることもある。頑張ってみようなと話すと、素直な彼女の顔がまたほころんだ。

 若者が夢を持たないと言われて久しい。では自分にあるかと問いただしてみると、案外実現可能なちっぽけな夢しかないことに気付く。若者達が夢を持たないように見えるのは、夢を持たない大人を映した鏡を見てそう言っているだけかもしれない。それでもギラギラした欲望を若者に見出すことは稀だ。おそらくそれは満ち足りているか、あきらめのどちらかによるのだろう。

 高校全入、大学へも現在6割進学。すぐそこに大学全入時代が待っているご時世だ。切羽詰まった状況はどこにもない。その中で見果てぬ夢を追い求める若者がどれほど現れるだろう。こんちくしょう!と思った先に強烈な夢を抱くようになるというのも真実ではなかろうか。皮肉なことに就職氷河期に直面して、やっと若者は自分の夢を心に描くようになるのかもしれない。しかしやり直しの利かない年齢がすぐ傍まで来ていることにも早晩気付くだろう。

 いったい今の時代は幸なのか不幸なのか・・・

追記

 今までの自分の夢(職業編)

 ノーベル賞受賞科学者  ×

 宇宙飛行士  ×

 国文学者  ×

 現代のウイリアム・ハーシェルになる  もしかして道半ば・・・かな?

| | コメント (2)

2011年1月23日 (日)

素晴らしい合唱との出逢い

素晴らしい合唱との出逢い
 亀有はリリオホールにて合唱団『じゃがいも』の演奏会を聴く。宮沢賢治を得意とする合唱団らしく、のっけから雰囲気のある素晴らしい演奏を披露してくれている。この後は宮沢賢治作詞、林光作曲『なめとこ山の熊』の初演。どんな舞台だろう、本当に楽しみだ。

*************

 いや本当に素晴らしかった。なめとこ山における熊撃ち名人と撃たれる熊との関係を賢治独特の世界で表現した物語だが、合唱劇でまた違った命を吹き込んで見せてくれた。

 最後に林光自らのピアノで『星めぐりの歌』を演奏してくれた。もう涙チョチョぎれる感動であった。

| | コメント (4)

2011年1月22日 (土)

やはり

やはり
やはりここは別格。新宿のラーメン満来は昔から変わらず、醤油つるつるしこしこで絶品なり。

| | コメント (0)

2011年1月18日 (火)

働き手

 この超高齢化社会は、年配の方のみ罹りしかも致死的である感染症でも流行らない限り、今後50年は変わらないだろう(もしかすると1世紀?)。とすると労働力と考えられる世代が高齢者を支えるという構造では国が立ちゆかなくなるのは明白だ。ではどうしたらよいのだろう。

 一方で、団塊の世代が定年を迎えて労働力の減少が起こっているだろうのに、若者の就職難が極まっている。これは何を意味するのだろう。企業が長きに渡る不況で、企業体力を失い、教育に費用を割けなくなったからなのだろうか。

「これからは知識と技量をもった者だけが働く時代になる。働く者は自分の知りたいっちゅう欲を満たすことが出来るし、自由を得られる。しかし働けん者は、唯生きとるってだけになる。そこに自由はない。」私が高校生のころに聞いた物理の先生のつぶやきだ。このブログでもたびたび紹介してきた。単純作業から少し高度なものまで機械がまかない、人間の手を煩わせない時代になるということはすなわち、自由を失う人間が出来てくるということだ。

 これまで商社や金融業界が行ってきたこと、出版印刷業界、工業製品生産業界などなど、様々な場面で人の手は必要とされなくなり、一部のクリエイティブな作業の出来る者と経験に裏打ちされた技術者だけが働き手となる時代になるのだろう。そこにはただ若いというだけで与えられるアドバンデージはない。医療の世界もおそらくドンドン機械化は進むだろう。しかし人の心を考えるという点で、人の手を必要とする場面はこの業界には多く残るに相違ない。教育の場もそうだ。一次産業も生産性を考えれば機械化に移行するが、人の口を糊することだけ考えれば、人の手だけでもやりくりできるところは残っているし、何より食べなければ人間は死んでしまうわけで、辿り着く先の一つではあるだろう。

 ざっくり考えただけでも、今後の日本がどうなり、国民は何をしなくてはならないのかおぼろげながらに見えてくるのではないだろうか。もちろんまだ私には答えなどというものはない。甚だ中途半端な記述であり、申し訳ないが、ここを出発点としてしばらく考えを述べていくことにする。

| | コメント (4)

突然の政変

 日本では悲しくなるほど幼稚な席取りゲームしか見られず、政治を志すことなどあほくさいと思っている若者が大多数だろうと思う。しかし国を動かすというのは、治世を行うというのは、これほどダイナミックな仕事などないと断言できる。龍馬伝を見てあの時代ならと思う人達はおそらくとても多いはずだ。しかし今の時代はもしかしたらあの時代よりもむしろ急激な政変を起こさなくてはならない時代なのかもしれない。

 チュニジアで突然政変が起こった。見かけ上の自由貿易、安定した国家と思われていたチュニジアだが、実は一族による独裁国家であり、それを暴力で民衆が奪い取ったようだ。きっかけは様々な要因があったらしいが、民衆を動かした最大のツールはネットだったようだ。龍馬が日本国中駆け回って交渉を成立させた時代と違って、ツイッターやフェイスブックで繋がった民衆の気持ちが革命をおこしたのだ。

 考えようによってはとても恐ろしい時代だ。ただの個人のつぶやきが、大きな波になって国を変えてしまう。時には暴力にも姿を変えてしまうのだ。この政変を目撃して、おそらく独裁国家の為政者達は震え上がっていることだろう。民主主義国家とて安泰ではない。嫉妬や偏見がネットを介して偏狭なナショナリズムをくすぐり、無謀な国家意志を持つようにならないとも限らない。

 この時代をどうするべきなのか。自分の中にまだ答えは見出せていない。不安を自ら煽るつもりは毛頭無い。しかし確実に変わらなければならない日が近づいていると思うのだ。そのためには日々考えることだろう。考えて考え抜く先に何かあるに違いない。

| | コメント (2)

2011年1月16日 (日)

雪の日

 目覚めると
 いつもの庭が
 雪化粧していた
 ほんの淡雪だけれど
 なんだか
 うれしい
Dsc_0204


| | コメント (0)

2011年1月15日 (土)

関東腎研

関東腎研
 関東の小児腎臓を専門にしている仲間うちの研究会に参加した。まずは新年の挨拶から。その後激しいディスカッションを数時間繰り返した。フロアーでもそこここで議論していた。もちろん私も。

 ちょいと小腹が空いたので、小川町駅傍のラーメン『つじ田』へ。つけめんバリ旨!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ここから恒例の演題概要。

2 IgA腎症の治療経過中にFSGS様病変が合併した1例
 過去2回の腎生検でIgA腎症の程度がfocalからdiffuseに移行した。このため治療をARB+ACEIから免疫療法へ変更した。2ヶ月で血尿消失。蛋白尿も減少傾向であったが再増加してきたため3回目の腎生検をしたところFSGS様の変化を来していたというもの。IgA腎症にFSGS likeな病変を見ることは珍しいことではない。しかし治療経過の中でこの変化と同時に蛋白尿が増えるというのはとても珍しいと思う。フロアからはARB長期投与で糸球体JGAにレニン顆粒の増加と共に硬化が起こり、それにより糸球体の荒廃が起こるとの意見があった。しかしそれならば2回目の腎生検でそうなっていなければおかしいわけで。。。

4 シクロスポリン治療にて病理組織の改善を認めたDiffuse mesangial proliferationの1例
 ネフローゼ状態の児であれば、これが腎炎からくるものかそれとも特発性かを判断しなくてはならない。血尿を伴うものは腎炎性と考え、当初から腎生検を考える。今回の症例はかなりの血尿を伴っていたが、特発性と同様にステロイド治療から入ったようだ。しかし効果なく腎生検したところ上記と判断。シクロスポリンで軽快したとのこと。このDMPは自然軽快もあるらしく、ステロイド抵抗性を示しても予後は悪くないとのこと。それならば頻回再発を抑えるのが肝要ということか。

5 高IgG4血症を有し腎に肉芽腫性血管炎を来した1例
 高IgG4関連腎症は成人ではかなりホットなトピックスだが、小児ではほとんど議論されていない。間質性腎炎や膜性腎症などを引き起こすことが知られているが、今回はどうも関連なさそう。というのも非常に稀で妙な壊死性血管炎を呈しているものの、IgG4は染まってこないとのこと。腎動脈から葉間動脈まで様々な血管炎を呈しており、激しすぎる変化に驚いた。

6 扁摘パルス後も蛋白尿が遷延した紫斑病腎炎の男児例
 経過中に高度な肥満が出てきたのでそれのせいではないかという論者の意見だったが、、、ってゆうか紫斑病に扁摘パルスってあり?組織は肥満腎症様ではなく単なる紫斑病性腎症の進行した状態。これは論外だと思うが。。。

| | コメント (0)

2011年1月14日 (金)

伏線

 アジアカップ、シリア戦は『中東の笛』を目にするかも知れないという気持ちの悪さと時間的な問題から見るのをためらっていた。実際寝付いていたのだが、不思議なことに腹具合が悪くなり、目が覚めてしまった。

 実際に見始めたのは後半の頭から。日本の動きがとても悪いことにやきもきしていた。そこへやはり『中東の笛』が鳴り響いた。GKがレッドカードを受けて退場、同時にPKを決められたのだ。笛はどうみてもおかしい。こんなレフェリングがまかり通っている間は、W杯を開催する地域として不適切だと思っているのだがどうか。

 しかしこのPKには日本の選手3人の失敗が重なっていた。バックパスをした選手(長谷部?)のボールの方向・速さが的確でなかったこと。それを長友選手がキーパーに任せるべきか判断に迷ったこと。キーパー川島がサイドではなく前へボールを蹴ったこと。いずれか一つが欠けていれば起こらなかったPKだ。要は日本側が招いた結果と言える。

 結果のみを評価してどうこう言うだけでは、物事は何も解決しない。それはこのサッカーでも言えることだ。(サッカーはただのスポーツだが、人生の縮図と言われるのがこのあたり)

 医療に於いても、不思議と思える事、何故?と思える事が多々起こる。その伏線を探し当てるのが医者の醍醐味とも言える。さて今日はどんな事象が待っているだろう。出来れば右往左往することなく、的確に判断したいのだが・・・

| | コメント (0)

2011年1月11日 (火)

ハロー

ハロー
いつものように自転車を走らせていた。印旛沼沿いを抜ける病院までの道だ。

ふと北東の方角に太陽とは違った光を感じた。なんだろう・・・っと立ち止まった。

写真のように白く光る物体・・・

・・・・・・・

・・・・・・・

・・・・・・・もしや・・・・・・

・・・・・・・

・・・・・・・

自転車を降り、ジッと凝視すること数秒。

・・・・・・・

しだいに大きく広がる白い光点。

・・・・・・・

なんだ、あれは?

・・・・・・・

なんで・・・・・・

・・・・・・・

縦に広がり、正体を現したそれは

・・・・・・・

ハロー

(暈)

太陽と雲が作った光の分散だった。

それにしても美しい。写真に映らないのが実に惜しい。

| | コメント (0)

様々な人達

 研修医のころの思い出はこのブログで何度か語ってきた。一人前になるにはいろんな経験を積まなくてはならないのはどの業界でもそうだろう。その道のプロと呼ばれる人にも下積み時代はあるわけで、その時の苦労話は面白い。かといって10人十色であるわけで、参考にしようとしても難しい。

 研修医に贈るこの武勇伝?は読み物として面白いのでどうぞご覧あれ。

| | コメント (2)

2011年1月 8日 (土)

歌声

歌声
新宿は家路にて歌いまくり

恩師と大好きな先生と

当然ハモりまくり

店の常連さん達の暖かさが胸に染みるゼイ

(家路はカラオケ居酒屋ではない。歌と酒を愛する人達が集い、皆で歌いハモる歌声喫茶だ。ロシア民謡やシャンソン、フォークが多く歌われている。)

| | コメント (2)

佐倉一宮参拝

佐倉一宮参拝
麻賀多神社へ初詣した。暖かな光射し込む中、大吉のみくじが輝く。

| | コメント (0)

2011年1月 6日 (木)

初舞台

数人の漁師が沼へ漕ぎ出していた

北風に向かい 一竿一竿漕ぎ出していた

初漁

| | コメント (0)

2011年1月 5日 (水)

インフルエンザ流行

 早くもインフルエンザが流行してきた。昨年末から流行と言われていたが、外来でみかけることなく終わっていた。今日は高熱の患児はほとんどインフルエンザ陽性反応を見た。

 これで学校や幼稚園が始まれば早期に流行するのは間違いない。手洗いとうがいは必須だろう。自宅に受験生を抱えているので、持って帰らないよう注意しなくては何を後で言われるかわからない。

 幸い皆軽症で、タミフルなど使用するべき児は見掛けない。昨年から見掛けるようになった2峰性の発熱を伴うインフルエンザもパラパラいるが、抗生剤を使う間もなく解熱してピンピンしている。一回のみ吸入で済むイナ○ルを使うべきはどんな人だろうか・・・いやどういう人に使おうかと悩む年明けの外来だ。

| | コメント (0)

2011年1月 3日 (月)

恒例の富岡八幡

恒例の富岡八幡
深川お不動さんから富岡八幡へ。大行列のなかを進む。

どうか願い事が叶いますように!

| | コメント (0)

ワクチン無料化

 年末とある張り紙を見つけた。突然佐倉市から連絡があり、肺炎球菌とインフルエンザ桿菌とHPVのワクチンが無料になるのだという。4月からの政策で、それまでに打つと遡っての無料化はないから注意せよと。

 私はワクチンはすべて無料化とし、全員がすべての接種可能なワクチンを打つべきと思っているので、この無料化の動きは歓迎ではある。しかしあまりに唐突でびっくりした。それにインフルエンザ桿菌(Hibワクチン)のワクチンは昨年の10月まで供給不足からくる接種制限もしていたワクチンだ。4月から殺到したら本当に対応可能なのだろうか・・・という心配もしてしまう。

 ワクチン後進国というレッテルを背負う日本だが、それ故にいろいろな情報が錯綜して混乱を来している。先日水痘の予防接種をした児の母親が、このワクチンも2回打った方がよいのですよね、ネットでそう出てましたと話してくれた。確かにどのワクチンも間隔を空けて2回以上接種した方がベターではある。しかし2回接種したからと言っても、周りが大流行に晒されれば中には罹患してしまう人が必ず存在する。生体の反応とはそれほど画一的ではないのだ。個人が2回打つことより、国民のほぼ全員が1回以上接種していることの方が罹患を抑止するにはより効果的だ。だからこそ国が断固たる意志を持ってワクチン行政を行う必要があると私は思っている。

 現在接種できるワクチンはすべて無料で打つように定めるべきだろう。3種混合(DTP)・麻疹風疹(MR)・水痘・ムンプス(おたふく)・日本脳炎・インフルエンザ桿菌・肺炎球菌・B型肝炎は明日にでも取りかかって欲しい。HPVは様々な型がある中でなぜ2価だけのタイプが選択されるのか理解に苦しむ。BCGは地域によっての限定接種でも可能だろうし、ポリオは不活化が望ましい。現行の生ポリオワクチンはどうしても生きた菌を使うため罹患者を出してしまう。しかもどうしてだろうか、以前は胃腸炎の患者が少ない春と秋に接種していたはずだが最近は年中接種させている。これでは胃腸炎と重なり、糞便を介してポリオウイルスを撒き散らせてしまう可能性もある。不活化ポリオが望まれるが国が承認していない限り、副反応で苦しむ人は救済できないという問題もある。

 インフルエンザのワクチンは国民の多くが毎年罹患することを考えると、これも毎年接種できるように配慮すべきだろう。特に皮下注や筋注よりも鼻腔投与の方が優れているという研究結果にもあるように、鼻に入れるタイプを早急に製品化すべきだ。ロタウイルスのワクチンも安全で効果が高い。髄膜炎を来す細菌感染で上記の肺炎球菌やインフルエンザ桿菌を予防するならもう一つ、髄膜炎菌の予防接種も勧めたい。また数は少ないので、今後の気象状況にもよるがA型肝炎のワクチンも考慮すべきだろう。

 昨年盛り上がったワクチンへの取り組みの灯を更に燃え上がらせ、ワクチン先進国へ名乗りを上げようではないか。(そのための予算は、子ども手当を当てるのがよいと思うぞ・・・)

| | コメント (10)

2011年1月 2日 (日)

新春の沼

新春の沼
今日は一日よく働いた。急病診療所から連れて帰って入院治療を始めた子供を合わせると、本当に朝から晩までフル回転だった。

それも、いつもの入江で今年も大好きなミコアイサに出会えたから頑張れたのだ。またその美しい姿を見せておくれ。

| | コメント (0)

2011年1月 1日 (土)

明けましておめでとうございます

 除夜の鐘中継をみておりましたら、我が故郷鳥取の、しかも実家の裏にある神社が画面に出ておりました。確かに縁結びの御利益があると言われる白兎神社は今年の干支である兎(因幡の白兎伝説)を奉っております。皆様どうぞごひいきに。

 今年もよろしくお願い致します。

| | コメント (4)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »