« 連れ添う二人へ | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2010年12月31日 (金)

大晦日

 とても気持ちよく晴れ渡った一日だった。幸い仕事もなく、ゆっくりとこの一年を振り返ってみた。

 まずは仕事。日常の診療では外来も入院も増加し、common diseaseや専門の腎疾患はもちろん、内分泌疾患も増えた。以前から膠原病も診療していたが、類縁疾患として線維筋痛症を診るようになったのが一番の出来事だろうか。

 論文は症例報告が主だが英文1編、和文2編で現在投稿中が1編。学会発表は2回、院外での講演が1回、医学書の共著が1編。地方の私立病院のわずか3人で賄う小児科で、しかも役職もついていない小児科医ならば並の働きは出来たと言えるか。

 新しい事へのチャレンジは先にも述べた線維筋痛症が大きい。日々の診療にも頭を悩ませるが、学会などにも参加し、論文を読みあさる日々が続いた。この地域でこの疾患の診断と治療が出来るようにしたいと考えるが道半ばだ。他には整形外科とのコラボレーションで行っているリサーチが順調に進んでいて、2、3年後に面白い結果が出るだろうと目論んでいる。まぁこれは後輩に形にしてもらうことが決定しており、アドバイスするだけなのだが。また先日結果が出たものだが、東邦大&群馬大主導で行ってきた川崎病におけるステロイド治療の全国調査にも参加し、データを登録してきた。これらの活動は母体が小さいからこそ小回りよく推し進められた結果だと思っている。

 私生活ではこども達の受験を控え殺伐としがちなところへカヌーを持ち込み、ゆったりと過ごす時間を設けるようにした。自身のスポーツは昨年と同様に月数回のサッカー&テニス、そして毎日通勤のために自転車に乗るなどをこなした。おかげで体重は変わらず、ウエストもメタボ基準を余裕でクリアしている。

 そう考えると充実した一年だったと思えるが、もちろん心残りも多い。全ての人に満足してもらえる医療を提供できたわけではないし、悔し涙を流すこともあった。また自分が安心して任せられるスタッフの離脱があり、それ以降スタッフ教育が頓挫してしまったことが悔やまれる。今はスタッフを疑心暗鬼で見なくてはならないことが辛い。その上病院全体で考えるべき研修医の教育環境を整えることもできなかった。これからの病院診療を考えると、実は先が暗いのだ。

 さすれば来年以降どうするべきかは自ずと知れる。どういう手法でいくべきか。それを考えながら除夜の鐘を聞くことにしよう。

|

« 連れ添う二人へ | トップページ | 明けましておめでとうございます »

コメント

素晴らしい業績です
自分のなまけっぷりを恥じ入りました.wobbly
今年こそ頑張ります!

投稿: Diabo com Fome | 2011年1月 1日 (土) 07時02分

Diabo com Fomeさん

 なんとか形を残す作業を続けていますが、先生のように人を残すことが出来ていません。

 今年も頑張ります。

投稿: クーデルムーデル | 2011年1月 1日 (土) 17時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連れ添う二人へ | トップページ | 明けましておめでとうございます »